はたらきアリの節約コンシェルジュ

格安スマホやマイネオ、生命保険、住宅ローン、食費、光熱費など多くの生活にかかる固定費用を無理なく簡単に楽して節約する方法をメインにお金を増やす方法や子育てについて書きます。

はたらきアリの節約コンシェルジュ

30代、保険の見直しをする必要があるのか、私の背景を検討します

スポンサーリンク

f:id:finana:20190612043721p:plain

 

こんばんわ。はたきアリです。

 

日本人というのは保険が大好きな民族ですね。社会人の保険加入率は90%超


当然、世界ナンバー1の加入率です。

 


日本ほどしっかりした社会保険制度があるにも関わらず、それでは不安なので任意の生命保険に加入しているのです。


(※しっかりした社会保障制度という意味は、現在、国民が強制的に加入させらて、加入した国民はその恩恵を受けているという意味です。メディアは不安をよく煽りますがいま現在と言う意味では良い制度だと思います。)

 


私は経理を担当していますので、年末は恒例の「年末調整」があるのですが、

年末調整では所得を控除するために1年間に支払った保険料を

 

①生命
②介護
③年金

 

の3種類の保険から上限付で控除することができて、最大12万円が控除されます。

 

年収400万円でしたら、すごい大雑把に計算して1.2万円所得税が還付されます。


職員は1年間に支払った保険料の所得証明書を申告書に添付しますので

 

私たちはそれを正確に計算して、還付額を割り出します。


見てて本当に思うのですが、

 

よく保険料を支払っています。みなさん。

 


年間150万以上払っている人もいましたね。。

 

各家庭にはそれぞれの目的があって保険に加入していると思います 。


なので、

 

貯金目的だからいいんだ。

 

というのもありだと思います。

しかし、もし明確な目的がなく

 

「社会人になったから」
「結婚したから」
「子供が生まれたから」

 

という理由だけでなんとなくしている場合は保険を見直す必要があるかもしれません。

 

 

私の状況


私の話で恐縮なのですが、
私は現在、民間の保険には一切入っていません。(※車の任意保険は入ってますよ)

 


つまり私が死んでも何も保険が降りないということです。

 

奥さんはこのことを非常に不安に思い、保険に入ってくれと言います。

 

 

保険に入っていない理由

 

①お金がもったいない

死ぬ確率が統計上、低いので保険のお世話にならない。(現在31歳男性)

 

②保険に加入すると満期まで使えない


 ⇒年収に限りがあるなか、自由に使うお金が少なくなるのは嫌だ。

(年収400万、住宅ローン持ち、子2人)

 

③住宅ローンと、所有している区分マンションのローンが、亡くなると無くなるので生命保険代わりに考えている


 ⇒総額で4000万くらいの借金ですが、団体信用生命保険に加入しているので、亡くなればチャラです。ローンなしの家と、5万くらいの収入は残ります。

 

④社会保険制度を利用


 ⇒遺族厚生年金制度があるので、子供が18歳になるまでは支給される。今死ねば月10万円ほど支給されるらしい。マンションと合わせて月15万円。

(子供が18歳を超えても妻には一生涯支給(子供分はなくなります))

 

⑤福利厚生制度を利用


 ⇒会社の福利厚生のなかで、1年間は8割の給与を支払ってくれるそうです。

  また、給与の支払いがなかったとしても加入している健康保険から「傷病手当金」が支給されます。(最長1年6ヶ月)

 


こんな理由から、任意の生命保険には加入しませんでした。
(※社会保険制度についてはあいまいな部分もありますので、おかしな点がありましたら教えてください。)

 

 

ちなみに奥さんは社会人になった瞬間から、すぐに生命保険とガン保険に加入していたそうです。


妻が保険に入った理由

 

①家系がガン家系


 全員といっていいくらいガンが理由で亡くなっている。

 

②小さい時から体が弱く、ぜんそく持ち

 

 病院にはよく受診している。なにかあったら怖い。

(実際に保険金が下りる手術を2度経験している)

 

③貯金代わり


 何もなかったとしても、貯金代わりなのだから気にならない。(がん保険は掛け捨て)

 


といったところです。

 

どちらか得なのか?

 

奥さんに関しては保険に加入してて正解でした。

 

保険が下りる手術のときは、非常に助かりっています。

 

こんな夫婦2人の背景でして、私とまったく逆の背景です。

 


ここ最近、早く保険に入ってくれ!攻撃が強くなってきまして、

 

とうとう「保険の窓口」に1人で通い始めました。。。

 

 

今日はこのあたりで。

 

次回は、「保険の窓口」で保険を見直してみた!編


を書いてみたいと思います。

 

 

www.worker-ant0818.work

www.worker-ant0818.work