はたらきアリの節約コンシェルジュ

格安スマホやマイネオ、生命保険、住宅ローン、食費、光熱費など多くの生活にかかる固定費用を無理なく簡単に楽して節約する方法をメインにお金を増やす方法や子育てについて書きます。

はたらきアリの節約コンシェルジュ

30代、「ほけんの窓口」で保険を見直してみました

スポンサーリンク

f:id:finana:20190519012357j:plain

こんばんわ。はたらきアリです。@hatarakiari0818

 

今日は保険の見直しのため、「保険の窓口」に行ってきた内容です 。

 


私自身、保険にまったく興味なかったのですが、奥さんが「保険の窓口」に通い始めて理論武装していました。

 


そして、一度でいいから一緒に来い!

 


と指令が下りまして、行くハメに。。


結構、嫌々だったんですが、逆らえず。

 

とりあえず行って話だけ聞こうと思い行ってみました。

 

 

ほけんの窓口での第一印象

 


窓口で対応して頂いたのは、その店の支店長のような方。

非常に落ち着いてて、理論的に保険の説明をしてくれるような方で好感を持てる印象でした。

 


かたや、職場にくる保険のセールスレディーの印象はというと、

 

  1. 飴を渡す
  2. サラリーマン川柳を渡す
  3. 握力測定をする   など

 

いろんな方法で、個人情報を引き出そうとして、

頼んでもないのに勝手に保険のシミュレーションをしてきます。

 

 

その内容も支払いが高いのに、
30年契約の満期の返戻金は103%です!

と胸を張っています。(30年経たずに解約したら完全にマイナスです)

 

こんな印象ですから保険が嫌だったんです。

 
いらない保障もいっぱいついてますし、保険を勧める理由が

 

  1. 所得税が還付されるのでお得です
  2. 貯金代わりなので、老後が安心です
  3. 家族のために入りましょう

 

だいたい、この理由ばかりです。

 


といっても何か持病があったりしたら急に保険料が上がる。。

 

保険ならその人のためのリスクヘッジを真剣に考えてほしいんですけど、

 
あっちも営利企業だから。

契約さえ取ってしまえたら、それでいいんでしょうか。。

 


印象が悪すぎて、話がそれました。。。


申し訳ありません。

 
生命保険の正しい運用方法を教えてもらいました

 

好印象の店長に出迎えられ、お互いの挨拶を済ませ、簡単な世間話をして、、、

 

早速、保険の話です。

 

まず、保険に対する私の考えを言いました。

 

 

と私は入る必要がないんだと力説したわけです。笑

 

そして、そんなのはさら〜っと、かわされます。

 

「生命保険を長期で加入するのはいかがですか?」

 

そんなの聞き飽きたよ!

 

っと言いたくなりましたが、その後の切り口がいつもと違いました。

 

 

「ご主人はまだ年齢が若いので、若さというのは保険にとって大きな資産になります。」

 

え?そうなの?

 

「先程お話を伺った内容から、万が一何かあった時に必要な額を決めましょう。」

 

とりあえず600万円くらいで。。

 

「では次に満期を迎えるご年齢を決めましょう。」

 

55歳か60歳には満期がいい。

 

「分かりました。では外資の保険会社になりますが、シミュレーションをご覧ください。」

 

30〜70歳までの支払い額と解約返戻金の額を示される。

 

「月々の積立額は1万弱ほどです。満期までは解約返戻金は元金を下回ります。どの保険会社でも同じです。」

「ですが、満期の時、ご主人はまだ定年を迎えていません。満期を迎えても保険を解約せずに運用するという方法はいかがでしょうか?」

 

満期後があるとは知らなかった私はもっとよく教えてくれと聞きます。

 

「積立保険は満期から先が美味しいのです。このように満期から10年経ったときの解約返戻金を見てください。」

 

72歳で元金の1.5倍ほど。

 

「このように若いうちから積立を始めていると、毎月の積立は少額で、満期後の返戻金は多く返ってきます。」

 

「私が保険を進めるのは、見えない将来を確定させるためです。」

 

「厚生年金や国民年金、保険を含めた金融商品、そしてご自身の生活環境などを考えて、いつどの位にどの程度貯金をしておかなければならないかを考えておかなければなりません。」

 

この営業マン、かなりのやり手です。

 

理論武装大好きな私としては、大体の話に納得してしまいました。

 

生命保険がまさかの金融商品として選択肢があるなんて全く知りませんでした。

 

 

老後には貯金があって、年金も貰いながら暮らしていくのだと思いますが、

万が一の時にいつでも解約できる保険を仕別に込んでおくというのは、かなりアリだと思いした。

 

しかも低額な積立。

 

保険アンチな私が、手のひら返しです。

 

 

話は一旦ここでお開きになりました。

 

次は2週間後に改めて、「保険の窓口」に行くことになります。

 

次は契約なのでしょうか。

 

また、結果が出たらブログで報告したいと思います。

 

www.worker-ant0818.work

www.worker-ant0818.work