はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

会社員が抱える悩みを解決するためのブログ

はたらきアリ新聞

【年収別】会社員の給料明細
【良いとこどり】会社員×副業
【スマホ1台】会社員が取り組む副業とは?
【忘れてはいけない】会社員の確定申告

高気密・高断熱住宅を選択するメリット・デメリット

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190612041540p:plain

こんばんわ。はたらきアリです。

 

今日は高気密・高断熱住宅はどうなのかという内容です。

 

高気密・高断熱住宅といえば一条工務店が有名です。

 

「家は性能」

 

とうたって住宅販売を行っています。

 

住宅販売の売り上げでは2大企業の大和ハウス、積水ハウスを猛追しています。

 

「家は性能」という新しい切り口で販売しているのが購入者にうけているようです。

 

 

 

高気密・高断熱住宅とは?

 

さて、高気密・高断熱住宅を定義するうえでよく使われる単語

 

【C値】

建物の気密性を数値化したもの。

建物全体でどの程度の気密性があるのかを数値化したものです。

 

0に近づくほど隙間がないということになるのですが、C値が1.0の場合ははがき1枚分の隙間が家のどこかにあるということになります。

 

C値は2.0を下回れば優秀と判断できます。

超えてしまうと、換気扇などによる換気がうまく機能しなくなる弊害があります。

 

【Q値】

家の断熱性を数値化したもの。

これも0に近づくほど断熱性が高くなります。

地域ごとに求め得られるQ値が異なり、以下のようになります。

f:id:finana:20190330061344j:plain

 

Q値は表を当てにしない

 

Q値の表を満たす住宅なら断熱性能は十分なのかという問いには、

 

”不十分”

 

という答えになってしまいます。

 

日本は湿度の高い地域なので、夏に快適に過ごせるよう住宅が建てられてきました。

 

冬はこたつや何重にも羽織って、ストーブを焚いて耐えれば問題ないという認識が長く続いています。

 

(夏も湿度が高いので結局は不快なのですが。。)

 

冬の一番寒い時期、夏の一番暑いは大阪は耐えがたい住宅環境になってしまいます。

 

私の実家もそんな環境です。

 

 

夏が涼しく、冬に温かい家に住みたい

 

こんな住宅が誰しも良いに決まっています。

しかも、家全体がそんな環境なら家のなかの移動も億劫になりません。

 

これは高気密・高断熱住宅を選択することによって可能です。

 

エアコン一台で家じゅうが温かく涼しい。

 

そんな理想的な家づくりをしてみたいものです。

 

 

一条工務店なら可能か?

 

私は”NO”です。

 

高気密・高断熱住宅の問題点を解決できていないからです。

 

それは夏場の対策です。

 

断熱性能がとてもよいので、冬はこたつや何重にも羽織って、ストーブを焚いて耐える必要はありません。

 

しかし、夏場はエアコンで冷やさないといけないのですが、照り付ける日射が家の中に入ってしまうと、今度は魔法瓶のように家を暑くしてしまうからです。

 

そうなると日射コントロールを計算して家づくりが出来ていないので、エアコンをフル回転させなければならないジレンマがあります。

 

写真のような大きな窓がいくつもあると、とてもおしゃれなのですがその窓から大量の日射が入ってきます。

 

それはエアコン一台ではとても相殺できません。

 

 

実は冬場対策も微妙。。

 

一条工務店は床暖房をかなり強く進めています。これは電気で家全体を温めたいようですが、これが金食い虫です。

 

せっかく高気密・高断熱住宅なのにかかる電気代は普通の家と変わらなければ意味がありません。

 

 

住環境を調整する最強のツールはエアコン

 

エアコンは夏は涼しく、冬は暖かい空気を送り出してくれます。

 

当たり前ですが、一台でです。

 

しかもヒートポンプという技術を使って1ある電気の力から4倍のエネルギーを生み出して作動します。

 

エアコンをフル活用すれば家の住環境は1台で十分整うのです。

 

それは光熱費が安くなるという副産物も産みます。

 

 

快適な住環境とは?

 

エアコンを活用し、相殺しないように日射をコントロールする。

 

ハウスメーカーで日射を意識して家づくりをしている住宅は皆無でしょう。

 

ぜひ、以下のリンクを見ていただきたいのです。

 

passivehouse-japan.org

 

パッシブ・ハウスという

 

日射をコントロールした高気密・高断熱の住宅を提供している団体があります。

 

それぞれの設計事務所や工務店が団体として活動していますが、

 

どの企業も ”本当の” 高気密・高断熱住宅を提供しています。

 

夏が涼しく、冬が温かい住宅に安い光熱費で住みたい

 

と思う方はぜひ、一度問い合わせをしていただけたらと思います。