はたらきアリの節約コンシェルジュ

格安スマホやマイネオ、生命保険、住宅ローン、食費、光熱費など多くの生活にかかる固定費用を無理なく簡単に楽して節約する方法をメインにお金を増やす方法や子育てについて書きます。

はたらきアリの節約コンシェルジュ

PV数を伸ばすことが出来なかった1か月間の運営報告

スポンサーリンク

f:id:finana:20190612041405j:plain

はてなブログを2月28日から書き始めて早くも1か月が経ちました。

 

完全に見切り発車でスタートしたブログは

 

【毎日ブログを書くこと】

 

【お金が貯まる方法を書くこと】

 

を目的として書いていきました。

 

おかげさまで、その目標はこの1ヶ月は達成することが出来ました。

 

しかし、せっかく公開しているのだから多くの方に見てもらいたいと思うのですが、

アクセス数は一向に伸びることはありませんでした。

 

平均PV数は1日あたり10を下回っていることになります。

 

 

PVが伸びなかった原因は?

 

①読みやすくする工夫をしなかったこと

 

目標以外の目標を目立てていなかったこともあり(というか知らなかった)

 

ブログの見栄えを良くするために写真を載せたり、文字を大きくしたり、色を変えたりなど視覚的に読みにくい文章だったと思っています。

 

今でもまだ白黒ブログだと思っているのですが、ブログの読みやすさを工夫することはこれからの課題だと思っています。

 

 

ちなみにオークニズム様のページは、同じはてなブログと思えないの出来栄えで、私もあのようなブログサイトを運営してみたいと思っています。

 

 

www.okuni.me

 

 

②結果⇨理由という文章構成にしなかった

 

問題提起対して、まずは結論を述べること。

 

そして、原因を探っていくといった流れの文章構成ではなかったと思います。

 

何が言いたいのか真っ先に分かるようにするべきだと思います。

 

でなければ、貴重な時間を割いてじっくりブログを読もうとは思わないと感じています。

 

 

③皆が求めている問題提起ではなかった

 

お金を手元にいかにして残すかというテーマを掲げてブログを書いていますが、

 

分野が広くて、何かに突出しているものではないと感じられていたのかもしれません。

 

確かに取り扱う分野が多くて、何かを深く知りたいという読者にとっては物足りないブログであったかもしれないです。

 

お金を手元に残すというブログの方向性として、私の実体験を元に多くの分野を書きましたが、それぞれのテーマとしてはまだ記事数が少な過ぎます。

 

 

この問題に対しては、これから毎日ブログを更新することによって、記事数を増やしていけば、それぞれのテーマの記事数も次第に増えてくると思っているのですが、この考え方が合っているのかはまだ分かりません。

 

 

④SNSを多く利用していない

 

ツイッターをはじめ、フェイスブックやインスタグラムなどSNSが数多く存在し、多くのSNSでブログのリンクを紹介したりなど、成果を上げてこられている方は広告の代わりとなるSNSを重要視しています。

 

私自身は、ツイッターしかやっておらず、広報に力を注いているかと言われればそうではありません。

 

まだ、そこまで力を注ぐことができないのが現状で、ブログの質のアップをするので精一杯です。

 

SNSの利用は検討しなければならないのですが、一歩を踏み出すことに躊躇しています。

 

 

 ⑤専門家ではない

 

職業柄、なにか突出して特殊な分野を開拓しているわけではありません。

 

なので、掘り下げて一つのテーマを何回も記事にすることは出来ていません。

 

何かの問題に対して、解決策を提示するのがブログ運営の基本と心得ていますが、

 

私の場合、お金を手元に残すためのあらゆる手段を書いているので、専門的とはいいがたいのかもしれません。

 

 

⑥前置きの自分の日記のページがいらない

 

毎日書くので、前置きの箇所に日記代わりにして自分の身の回りに起きたことを書いていた節がありました。

 

ただ、よく考えてみると検索した画面で私のページが出たとして、前置き部分が全然関係ないことを書いていたら、ページを開く気になりません。

 

そんなことを今更気づきました。

 

これはすぐに直すつもりです。

 

 

今後について

 

とは言っても、月に282回も記事を読んでいただいたのは非常に感謝です。

 

自分の書いたことに目を通していただけていると思うだけで嬉しいですし、読者の方も6名購読していただいています。

 

記事に「いいね」を押していただいた記事も多々あります。

 

 

これは本当にありがたいことで、ブログを書き続けるためのモチベーションになっています。

 

同じ時期にスタートを切った他のブロガーさまに比べて見劣りするところはあるのですが、すこしずつ改善を加えていきたい考えています。

 

 

※追記

 もし、もっとこのように書いた方がいいという意見があれば、ぜひぜひコメントを頂ければ幸いです。