はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

会社員が抱える悩みを解決するためのブログ

はたらきアリ新聞

【年収別】会社員の給料明細
【良いとこどり】会社員×副業
【スマホ1台】会社員が取り組む副業とは?
【忘れてはいけない】会社員の確定申告

全期間固定25年の超低金利住宅ローン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190612040824p:plain

こんばんわ。はたらきアリです。

 

今日は住宅ローンについて取り扱ってみたいと思います。

 

誰もが憧れる持ち家ですが、

夢のマイホームを建てるには必ず銀行から住宅ローンを借りて建てなければなりません。

 

借りる金額は3~5千万ほどが相場ではないでしょうか?

 

 

 人生最大の大きな買い物

 

夢のマイホームですが、実際には30年程度かけて毎月、コツコツと返していくものです。

 

なので、毎月の返済額は10万円前後でしょうか?

 

つまり夢のマイホーム=毎月10万円の支払い(30年間)を自ら確定させるわけですね。

 

それでもマイホーム神話は変わらず、払えるのなら建てたいのが日本人です。

 

 

www.worker-ant0818.work

 

 

日本人の夢というのはこちらの記事で書かせていただきましたが、

 

建てるにしても支払いが安いに越したことはないですよね。

 

支払いを安くする方法

 

当たり前だろ!って怒られるかもしれませんが、

 

 

住宅ローンの毎月の支払額を決めるのは

  1. 借入額
  2. 金利
  3. 返済期間
  4. ボーナス払いの有無

です。

 

1,2,4に関しては自分が決めることができることができます。

 

人生設計に左右されると思いますが、

 

  1. 世帯収入
  2. 退職までの期間
  3. 子供の人数
  4. 子供の教育費用にかける額
  5. その他の生活レベル

 

などが考慮されるポイントでしょうか。

 

 

しかし2の金利に関しては貸し出す側の銀行のサービスになるので、

 

いくら私たちが

 

安くしてください!

 

と土下座しても安くなるものではありません。

 

しかし金利に関しては銀行の金融商品でもありますので、各銀行はしのぎを削っている分野でもあります。

 

借りる側はどの銀行がどれくらいの金利で貸出ししているのかよくリサーチして借りる必要があるのです。

 

住宅ローンの相場

 

各銀行は、他の銀行に負けない低金利と収益を達成するためしのぎを削っているわけですが、

 

今は黒田バズーカ以降の低金利もあって相場は以下の通りかと思います。

 

変動0.525%

5年固定0.7%

10年固定1.1%(2019年4月時点)

住宅ローン(新規:はじめて住宅ローンを借りる方) : 三井住友銀行

 

三井住友銀行さんを引用させていただきました。

 

変動金利が低くて、固定期間が長くなればなるほど、金利は上がっていくものなのですね。

 

そして、

 

ずっと固定金利の方が安心!

 

という方には

 

www.flat35.com

 

という35年間固定の住宅ローンもあります。

 

1.27~1.96%の借入金利(2019年4月時点)

 

だそうなので、こちらもお勧めです。

 

固定か変動か

 

これは大変多くの購入者が悩むことかと思います。

 

固定にしたら、毎月の返済額が決定するから将来の金利上昇時に安心

変動にしたら、毎月の返済額が安くなるけど、金利上昇時は不安

 

どちらを取るのかでいつも悩むことになります。

 

価値観にもよるのだと思いますが、住宅ローンの性質を理解していたうえで判断していただければいいかと思います。

 

 

それは

 

変動金利は半年ごとに金利の見直しがある

 

 

ということです。

 

どういうことかと言うと、金利は日本銀行の政策によって決定されます。

 

今は黒田バズーカによって低金利が維持されていますが、

 

アメリカの10年国債利回りを見る通り、近年ずっと右肩上がりです。

 

つまり日銀が政策変更で、金利を上昇させれば住宅ローンの金利も上がるのです。

 

その際に、すぐに支払額が変更されるのは変動金利なのです。

 

 

『支払いが高くなってきたら借り換えしたらいいじゃない。』

 

 

という意見もありますが、

 

そのころには安い時よりも固定金利はもっと上昇しているということです。

 

 

これを踏まえたうえで、変動か固定かを判断すればいいのかと思います。

 

 兵庫県限定!超低金利住宅ローン

 

これは兵庫県在住の方限定の情報になってしまいます。

タイトルでは「現る!」としましたが、結構前から存在しているそうです。

 

兵庫県が進めている政策で

 

兵庫県木材を50%以上使用すれば低金利で住宅ローンを低金利で貸し出す

 

というものがあります。

 

web.pref.hyogo.lg.jp

 

 これはかなりお勧めですね。

 

なんと25年固定金利で0.8%です(2019年4月現在)

 

 

ふらっと35でも1.27~1.96%の借入金利です。

 

0.8%という最低金利が25年固定で借れるということはとても素晴らしい金融商品です。

 

低金利の条件

  1. 兵庫県木材を50%以上使用して住宅を建てる
  2. 貸出金利は最大3200万円
  3. 貸出期間は25年(長期優良住宅を取得していれば35年。25年以降は+1%)

    ということらしいです。

対象は絞られるのが残念ですが、兵庫県在住の方はぜひ検討しても良い金融商品ではないでしょうか。

 

 住宅ローンを借り入れるにあたり

 

住宅ローンは人生を左右する大きな金融商品になります。

 

しかし、サラリーマンの多くがただの素人なので、

 

住宅展示場に行って、いい感じだった所で家を建てる

 

というパターンが一番多いのではないでしょうか。

 

避けることができるリスクは避けたうえで、人生の大きな買い物をしていただければと思います。