はたらきアリの節約コンシェルジュ

格安スマホやマイネオ、生命保険、住宅ローン、食費、光熱費など多くの生活にかかる固定費用を無理なく簡単に楽して節約する方法をメインにお金を増やす方法や子育てについて書きます。

はたらきアリの節約コンシェルジュ

【ドコモ】の新料金プラン発表!本当に携帯代の値下げが始まるの???

スポンサーリンク

f:id:finana:20190612035000p:plain

 

 

こんばんわ。はたらきアリです。@hatarakiari0818

 

昨日、一斉に携帯代を見直すというニュースが流れていたので、取り上げてみたいと思います。

 

NHKが19時のニュースで長く取り上げていました。

 

携帯代値下げの概要

 

NHKの報道内容は以下の通りです。

 新しい料金プランは、通信料金と端末代金をより明確に分離し、通信料金だけを見ると少なくとも2割の値下げになるとしています。

⇒端末代は値下げがなくなり負担増。利用者は通信料と端末代を両方払うのでトータルコストが思うほど下がらない。

 

このうち、家族3人以上の契約と、2年間の契約の継続を条件にしたプランの場合、データの使用量が1ギガバイト以下だと毎月の通信料金が1980円と現在と比較して最大の4割の値下げになるとしています。

 ⇒相変わらず縛り多いじゃないですか!

 私の家では無線ルーターを設置していますが、それでも1GBに抑えることは出来ません。

 

一方、一般的に「2年縛り」と呼ばれた端末代金と通信料金のセット契約は、来月31日で新規の受け付けを終了し、多くの利用者にとって端末代金の負担額が増えると見られます。この結果、同じ端末を長く使い続ける人は料金の負担が減るものの、比較的短い期間で新製品などの端末を買い替える人にとっては負担が増えるケースもあるとしています。

 ⇒結局、トータルコストは下げずに売り上げを下げたくないのが見え見えなのだが、それを『安くしました!』と堂々と言っているのかいかがなものかと。

 

多くのユーザーが疑問を持っていると思います。

 

高価な端末を買えなくなり、中古で我慢することになる利用者が増えると思うが毎月の支払いが大して変わらないのであれば新品の携帯を持っている方がいいに決まっている。

 

新料金プラン

ドコモの新しいプランは通信料金だけをみると、2割から最大4割安くなるとしています。新たなプランでは、ネット接続のデータ通信量が30ギガバイトまで、速度制限なしで使えるプランと、毎月のデータの使用量に応じて通信料金が変動する大きく2つのプランに分かれています。

⇒これからドコモは2つの料金プランしか販売しないようですね。

それにしてもかなり複雑です。

ギガホ

f:id:finana:20190612023701p:plain

⇒・家族で3回線以上がドコモで、2年縛り有なら6ケ月だけ4,980円!

  それ以降は5,980円。

 ・ドコモ光とセットなら1,000円割引

 ・家族とは通話無料 = その他 5分通話無料なら+700円

                 かけ放題なら+1,700円

 

小さく注釈で

「申し出がない限り自動で2年単位の更新をします」

「契約期間内の解除は9,500円(税抜き)の解除料がかかります」

 

ギガライト

f:id:finana:20190612023738p:plain

まず、この表とギガホの表を見て思うのが、

5GB以降はギガホと同じ4,980円というのはどういうことなのかということです。

 

ギガホは30GBまで使えるのに、ギガライトに関しては7GB以降は通信制限がかかるようです。

 以下、その他の条件はギガホと同様です。

 

 

 この時点で、ギガホ以外選びようがないと思うのは私だけしょうか?

でも、5GBは使うけど30GBは使わないと思います!

 

2択しか料金プランがない割には、オプションや条件が多すぎてドコモが言う安い料金にすることも難しいように思えます。

 

このうち、4割安くなるのは、料金が変動するプランで、家族3人以上の契約と、2年間の契約の継続を条件にしデータの使用量が比較的少ない、1ギガバイト以下の場合です。

この場合、毎月の通信料金は1人1980円となります。これまでの同等のプランでは、家族3人で5ギガバイトを分け合う場合で単純計算で1人当たり1.7ギガバイトで3480円でしたから、およそ4割の値下げになるとしています。

また、2割安くなるのは、料金が変動するプランを1人で契約し、2年間の契約を条件としなかった場合で、新しいプランでは5ギガバイト以下の使用量で毎月6480円となります。従来の同等のプランでは、5ギガバイトで7780円でしたから、およそ2割の値下げになるとしています。

 ⇒NHKもまとめるのが大変です。

 読んでいる方も大変です。

 聞いていても何を言いたいのかよく分かりませんでいた。

 

結局、得なの?

 

結局、今、支払っている携帯代金より安くなれば利用者にとってはいいわけです。

 

ここで私の場合を当てはめてみましょう。

 

家族3人(子1人)夫婦で1台ずつ所有。光ネット加入。5分かけ放題希望。

⇒ギガホプランを選択(2年縛りあり)

 6か月を経過したと想定します。

(携帯代)

(6,480 - 1,000 + 700 ) ✖ 消費税8% 

=6,236円

 

 (端末代)

不明!

⇒値引きがなくなったので、どれくらいの実質負担になるのか分かりません。

 少し前は『実質0円』。最近は1~2万は自己負担でした。

 

では仮にiPhoneXR(84,800円(税抜き))を2年分割(金利なし)で支払うとしたら?

 

【値引きなしの場合】 

⇒ 84,800 ✖ 8% ÷24か月 = 3,816円

 

【4万円自己負担】(半分くらいは割引)

⇒40,000 ✖ 8% ÷24か月 = 1、800円

 

この金額が携帯代に乗ったら合計金額は

【値引きなし】   6,236+3,816=10,052円

【4万円自己負担】 6,236+1、800=8,036円

 

 

想定値ですが、このあたりの支払額になるとしたらこの金額に対して本当に

 

値下げしました!

 

と言えるでしょうか?

 

2年経過すれば 6,236円 だけになったとしても安いとは思えません。

 

 

前の記事でおすすめした格安スマホではアイフォンを使いながら支払額が1,500円になります。

 

ここまで安くなれば携帯代が下がったと言えると思いますが、大手キャリアが本気で値下げを考えているとは思えないと思った次第です。

 

 ぜひ、こちらの記事からスマホ代を安くする方法をご覧ください!

www.worker-ant0818.work

 

 

www.worker-ant0818.work