はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

会社員が抱える悩みを解決するためのブログ

はたらきアリ新聞

【年収別】会社員の給料明細
【良いとこどり】会社員×副業
【スマホ1台】会社員が取り組む副業とは?
【忘れてはいけない】会社員の確定申告

アクセスアップ必至!?おしゃれな固定・追従型シェアボタンでいつでもシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190612033256p:plain

  こんばんわ。はたらきアリです。@hatarakiari0818

 

今日は自分のブログサイトやホームページで必須のシェアボタンの設置方法を書きたいと思います!

 

 

シェアは絶対に欠かせない必須アイテム!

 

シェアボタンといえばホームページを見れば必ず見かける

今や必須のアイテムとなっていますね。

 

ブログやホームページは誰かに見てもらいたいために作っているのですが、

見てもらった人に次にとってもらいたい行動と言えばシェアなんです。

 

今はTwitterFacebookLINEをはじめ数多くのSNSがありますよね。

 

このツールを使えば個人でもとてつもない発信力を持つ時代です。

例えばツイッターならフォロワー1万人とか、

   フェイスブックで友達5000人とか、

 

フォロワーを多く抱えるユーザーにシェアしてもらえば計り知れない宣伝に繋がるわけです。

 

今はテレビや雑誌に広告を載せる時代ではなくなりつつありますね。

時代はネットです。シェアなんです!

 

自分の知っている人がシェアしてるものといえば、何となく信頼感もでますし、

購入意欲が高まりやすいメリットがあります。

 

有名芸能人が『これはいいです!』といった商品が瞬く間に売れてしまうのと一緒ですね。

 

 

つまりシェアはいつでも、どこでもできなければダメです!

 

ユーザーが「いいな」と思った瞬間!

 

シェアボタンが画面上にないなんて自分から試合を捨てているようなもの。

 

はてなブログでは記事を読み終わるとシェアボタンが出てきますが、

本当にそれだけでいいですか?

 

私の記事を読んでいただいている最中も、

シェアボタンとフォローボタンがついて回ていると思います。

(PC画面)

f:id:finana:20190612033449p:plain

(スマホ画面)

f:id:finana:20190612033625p:plain


 

 どうですか?

シェアしたくなってきましたか?笑

いつでも押してください!

はたらきアリは泣いて喜びます!

 

シェアボタンをブログに設置して画面上に表示したいならAddThis

 

それでは具体的にどうやってシェアボタン・フォローボタンの設定をするのか順に説明してきましょう。

 

www.addthis.com

 

海外のサイトです。グーグルクロームを利用していれば勝手に翻訳してくれるので特に問題ないでしょう。

 

ちなみに完全無料で設定ができますのでご心配せず。

 

①ログイン

 

個別のアドレス、グーグルアカウント、フェイスブックアカウントで都合の良いものでユーザー設定をしてください。

 

f:id:finana:20190612033734p:plain


②設定画面

f:id:finana:20190612033827p:plain

 

③追加したいボタンを選択

 

共有ボタンを選択します。

ご覧の通り、他にも

【フォローボタン】⇒ツイッターやフェイスブックの登録に誘導

【関連記事】⇒関係する作成した記事を画面上に追随させる

【リスト作成】⇒メール登録などに誘導する

【リンクプロモーション】⇒見てほしいページにリンクする記事を登場させる

【ウェブサイトのヒントジャー】⇒寄付を募ります

f:id:finana:20190612033910p:plain

と数多くの設定画面があり、利用性範囲はかなり広いです。

 

今日は共有ボタンについて説明していきますね!

 

④工具タイプを決定する

 

シェアボタンだけでも7種類ものシェア方法があります。

どれがいいのか迷ってしまいますね。

今回は私が設定してある固定・追従型を説明していきます。

【フローティング】⇒【接続する】

f:id:finana:20190612033954p:plain


⑤シェアしたいボタンを決定する

 

【あなたによって選択された】を選択し、

【さらにサービスを追加する】をクリックして

【更新ツール】を選択

f:id:finana:20190612034030p:plain

数多くのシェアボタンがあるので好みのシェアボタンを選択

 

利用率が高そうなのが、

【Twitter】

【フェイスブック】

【LINE】

【ごメモはてな】

【ポケット】

【エバーノート】

【Gmail】

【Googleブックマーク】

【mixi】

など。他にも数多くのシェアボタンを選択できます。

選択できれば【ツールを有効にする】をクリック

f:id:finana:20190612034112p:plain

 

⑥作成されたコードをコピーする

 

 以下のように発行されたコードをそのままコピーする

f:id:finana:20190612034146p:plain

 

 ⑦はてなブログに設定する

 

はてなブログの管理画面から

【デザイン】⇒【カスタマイズ】⇒【記事】⇒【記事下】の一番最後にコピーしたコードを張り付ければ完了。

※一番最後に貼ることに注意。他のコードを張る場合に最後でなくなるとうまく動作しなくなる可能性があるため。

f:id:finana:20190612034228p:plain


 

AddThisが優れているポイント

 

これで設定は完了です。

更新できればページを確認してみてください。

 

どうでしょうか。

これであなたの画面にはシェアボタンがずーっと張り付いているはずです。笑

 

ここでAddThisが優れているポイントをおさらいします。

 

  1. パソコン画面でもスマホ画面でも画面の切り替えに対応している
  2. ユーザーに提供するツールとして多種多様な方法がある
  3. 一度アカウントを設定してコードを貼ると、変更したいときすぐに更新される
  4. アナリティスクの機能も有している
  5. 完全無料!

 

 AddThisは

シェアが必須のネット時代になくてはならない最強ツールと言えるでしょう!

 

それでは最後に、、

 

この記事のシェアをお願いします!<(_ _)>

みんなでシェアしましょう!

(読者登録もよろしくお願いします!)