はたらきアリの節約コンシェルジュ

「手取りアップ作戦」を実行中。手元に残せるお金を増やす方法について書きます!

はたらきアリの節約コンシェルジュ

  •  

10連休中に出かけることもなく家に引きこもっていた話

スポンサーリンク

f:id:finana:20190612023448p:plain

 

こんばんわ。はたらきアリです。@hatarakiari0818

 

10連休長かったですね。年末年始でも、お盆休みでもこれほどの長い連休はなかったと思います。

 

タイトルを読むとどんな陰気な話をするのかと引いてしまいそうです。

 

ひたすら子供のお世話で、特に出かけて思い出作りをしたわけではありませんが、第2子が母子ともに健康に産まれてくれたことが最大の思い出です。

 

10連休中に特に何があったわけではないのですが、子育てに過去最大級に関わったので記事にしてみます。

 

 

 第2子が生まれ外出不可能に

 

 第2子が産まれたのは連休直前の金曜日の午前4時でした。

 

もともと予定日だったので、予定通り過ぎる出産だったわけですが、金曜日中に役所関係の申請書類をすべて済ませてしまいました。

 

※煩わしい申請関係を一日で終わらすための方法はこちら

www.worker-ant0818.work

 

よって連休直前に書類関係を片付けることが出来たので、連休初日からがっつり上の子と接することが出来ました。

 

連休期間中、通わせている保育園は完全にお休みと非情な通知もいただいていましたので、逃げの選択肢もない状態でした。

 

私としては言い訳ですが、連休前からかなり寝不足が続いていたので少し休みたい気持ちがあったのですがそういう訳にもいきません。

 

どこかに出かける予定もなかったので、自宅と病院の往復の日々でした。

 

 

男2人で家にいるときの息子

 

息子はちょうど3歳になるのですが、母親と長い期間離れるというのは初めての経験でした。(入院期間中の4日間)

 

以前に、

 

『産まれたらお母さんはしばらく病院に泊まるから家にはいないよ』

 

と説明したことがあったのですが、そのときは

 

『嫌!』

 

とはっきり言ったのです。

 

3歳の子なので、実際に離れ離れになると一体どうなるのかとヒヤヒヤしていたのです。

 

金曜日の晩から男2人で家で寝たのですが、どういうわけか普段では見たことが無いくらい大人しいではありませんか。

 

普段なら

 

  • 風呂に入らない
  • 食事をとらない
  • 着替えない
  • 寝ない

など手がかかって仕方がない息子なのですが、どういうわけかスルスルっと事が進んでしまいます。

 

『こうしてほしい』と言ったらその通りやってくれます。

 

1日で突然、いい子ちゃんになってしまったのです。

 

私としてはそれが嫌で仕方ありませんでした。

 

どう考えても母親がいないからです。

 

母親がいないから、私に気を使ってかすごくいい子になってしまった息子に対して嬉しいと思っていいのか複雑な気持ちでした。

 

 

病院に会いに行ったときの息子

 

毎日、妻と長女に会いに行きました。

 

いろんな用事があったということもありますが、やっぱり大仕事を終えた2人の様子が気になって仕方ありません。

 

会いに行ったときの息子は嬉しそうでしたね。

 

元の息子に戻って、やんちゃにはしゃいでいました。

 

お母さんと見つけると、いたずら心満々でお母さんと呼びます。

 

妻もそんな息子が可愛いのか、初めて離れた日を過ごしていたせいか、とても嬉しかったようです。

(普段は『いい加減にしなさい!』とキレてます。)

 

ただ、気になることが。。。

 

長女のことはスルーしたのです。

 

私は内心、とても穏やかではありませんでした。

 

自分の妹と初めて対面するというのに、その無関心は見ているだけで不安にさせるものです。

 

何度か見てみるよう促しても、しばらくしたらお母さんか、病院内をうろつくかでした。

 

どうなるのかすぐに判断できるものではないなと思ったので、何も言わずに放っておくことにしました。

 

結果的には退院までに何回か会うことを重ねるうちにだんだんと名前で呼ぶようになり、安堵したところです。

 

 

退院後の日々

 

妻が安産だったこともあり、特に問題なく退院することが出来ました。

 

すでに連休の中盤に差し掛かっていました。連休中ということはある意味ラッキーだったかもしれません。

 

というのも仕事に通いながら、息子・娘・妻のサポートをするのは自信がなかったからです。

(+ブログを毎日更新することも)

 

帰ってきて、家の片づけをしながらなるべく早く元の生活に戻るように行動します。

 

しかし、そう簡単にはいきませんでいた。

 

まず、出産後の母親はホルモンバランスが乱れて精神的に不安定になることが多いようですが、見事に当てはまりました。

 

搾乳がうまくいかないこと、

娘と息子を同時に対応することが出来ないこと、

寝れないこと

 

など生活が乱れてしまい、精神的に参ってしまいました。

 

私もサポートするのですが、なかなか簡単には立て直すことも難しかったです。

 

特に息子が苛立たせるというか、娘の育児の足を引っ張ります。

イヤイヤ期パワーを持てあますことなく発揮するものですから、私も非常に疲れます。

 

 

とにかく妻から息子を話すために私は朝から晩まで息子と外出しました。

 

朝は公園

昼は家でプラレールかトミカのおもちゃ

夕方からはお散歩

 

エブリデイエンドレスです。

 

いつになったら連休が終わるのだろうと願っていたくらいです。

 

とうとう今日から通常日なので、解放感はたまりません。

 

 

連休最終日に感じたこと

 

家に引きこもりながらドタバタと過ごしていたのですが、最終日になってやっと生活に落ち着きが戻ってきました。

 

妻の機嫌も安定してきたというか、だいぶマシです。

 

息子も妹に対してお兄ちゃんらしい一面を見せるようになりました。

 

『あかちゃんが泣いてるから早くミルク持ってきて!』

 

と私や妻に指示を出してきます。笑

 

私自身も3年ぶりの赤ん坊の世話を思い出しながら、安定感も出てきたので明日からの仕事との両立はなんとかできそうな気はしています。

 

バタバタと引きこもった連休が追終わり、また明日から心機一転し頑張っていきたいと思います。