はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

会社員が抱える悩みを解決するためのブログ

はたらきアリ新聞

【年収別】会社員の給料明細
【良いとこどり】会社員×副業
【スマホ1台】会社員が取り組む副業とは?
【忘れてはいけない】会社員の確定申告

200万円貯金できる家計簿|収支を見直し効率よく増やす運用方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190609013536p:plain

はたらきアリの家計簿を公開してみます。
タイトルを怪しそうにしたのは特に意味はありません。笑
 
収支を計算して、 ちゃんと年間で200万円貯まるようにしましょうという記事です。
 
というのも、私が節約節約と言っている割に成果はどうなんだと思う方もいらっしゃると思います。
 
なので、具体的にこんな感じで毎月やってますというのを提示できればいいなと思って公開してみようかと思いました。
 
今年に入ってからですが、年間200万円を貯金できるように計画を立て実行中です。
 
ちなみに今現在の収支ですので、その前に支払いを終えた分にあっては参考までに記事にしたいと思います。
 

 

年間200万円を貯める計画について

 

私の計算の仕方は極めてシンプルです。

 

月あたり10万円の貯金(12回)

ボーナスでは30万円の貯金(2回)

確定申告で住宅ローン減税による還付金があり20万円程度の所得税が年末に返ってくる(あと5年継続可能)

 

これで年間200万円が貯金できます。

 

これだけだと年収が多ければいくらでも貯金できるじゃないかと言われてしまいます。

 

しかし、私の昨年の年収は469万円でした。

今年に入り子供が産まれた関係もあり収入が少し上がりましたが、それも踏まえた予想値で今年は年収500万円ほどになります。

 

ですので決して年収が高い訳ではないのです。

 

年収500万円の家計簿がこちら 

 
まずは結果を見てもらおうかと思います。
 
私の場合は、ボーナスが2.2か月分ほど支給されることになっていますのでそれも踏まえてご覧ください。
 

収入

 

手取りにあっては時間外勤務の関係もあり、収入が多い月少ない月がありますが年間で平均すると28万円ほどになります。
 
それとは別に入ってくるお金として太陽光発電料金 月1.4万円
区分マンションの家賃ー経費(税引き後)月6000円
 
手取り合計:月あたり 30万円 となります。
 
ボーナスにあっては手取りで54万円ほど頂いています。
 
年収にすると500万円ほどに別の副収入が24万円ほど得ている状況です。
 
 
※妻にあっては専業主婦のため、稼ぎはなしです。
 

支出

 

毎月の支出が以下の通りになります。
また、住宅ローンの支払いのためボーナス払いの支払いがあります。
ボーナス払いでは毎月の支払いのほか21万円が上乗せされて返済しています。
 
固定インターネット 5000円
携帯(夫婦2人分) 3000円
電気代          8000円(年間平均、オール電化)
水道代                  5000円
ガソリン代      5000円
住宅ローン      78700円
 
保育園代       28000円(消費増税なら10月より無料)
日用品        20000円
保険         11000円
NHK             1300円
夫・嫁小遣い     0円(欲しいものがあれば日用品に含んでます。主に妻の衣服)
食費         35000円
医療費          2000円?
 
支出合計:月あたり 20.2万円 となります。
 
※太陽光発電のローンおよび軽自動車のローンは支払い済み
 

税金関係

 
住宅  ・・・8.8万円
軽自動車・・・  1万円
原付  ・・・  2千円
 
税金の年間支払額: 10万円 となります。
 

年間収支から貯金額を計算

 

以上のようにこちらがはたらきアリの家計簿となります。

 

この結果を踏まえて貯金額を計算します。

 

月の手取り

30万円 - 20.2万円 = 9.8万円

年間

9.8 ✖ 12か月 = 117.6万円

 

ボーナス手取り(住宅ローン除く)

54万円 - 21万円 = 33万円

夏・冬合計

33万円 ✖ 2回 = 66万円

 

所得税還付金

20万円

 

年間貯蓄額

117.6万円 + 66万円 + 20万円 = 203.6万円

 

税引き後

203.6万円 - 10万円 =193.6万円

 

となります。200万円から少し下回ってしまいました。

ご容赦いただきたいのですが、これは完全に実績値で、リアルな数値として193.6万円が予測値として手元に残るはずです。

 

※この貯金額が達成しているのは軽自動車と太陽光発電の支払いが終わっていることが大きいです。
 

貯金を何に使うのか?

 
まずはいざという時の支出のために備えます。
 
が、
 
念頭にあるのは住宅ローンの繰り上げ返済です。
 
ほったらかしていたら35年ローンなので、私は63歳になってしまいます。
 
ですが、繰り上げ返済を行い、出来るだけ46歳までに完済をしてしまいたいと考えています。
 
その年は子供が大学生になるときです。
 
そのタイミングで住宅ローンが終わっていれば、最悪、子どもの私立の大学に入っても耐えれるだろうと算段しています。
(入らないよう仕向けます。笑)
 
 そして下の子が大学を卒業するときは私は54歳になっています。
 
住宅ローン・教育費用がすべて終わっているその時から定年まではひたすら貯金です。
 
そうやって老後に備えます。
 

予想通りの将来が待っているのか?

 
待っていないと思います。
 
定年まであと33年なのですが、では、いま65歳の人は33年前にこの世界の状況・日本の状況を予想できたのだろうかということです。
 
33年前というと1986年です。
 
昭和61年ですね。
 
完全にバブル絶頂期です。全国民が盛り上がっていた時期に、その後にやってくる大不況を誰が想像できたでしょう。
 
誰が大きな災害に何度も見舞われると想像できたでしょう。
 
当時の日本の状況は中国にとって代わっていて、また同じ道を歩もうとしています。
 
さすがにドラえもんのような世界にはなっていませんでしたが、想像を絶する技術的な発展を遂げています。
 
これから先、33年後なんて想像も出来ません。
 
日本の人口が減少し、もしかしたら移民を受け入れているかもしれません。
 
年金制度は崩壊し、医療を受けるのは高所得者のみとなっているかもしれません。
 
仕事をするのはもっぱらAIになり、格差が驚くほど広がっているかもしれません。
 
一体、私に何ができるのでしょうか?
 
アンテナを張って新聞を読んでいるだけかもしれませんが、備えることができる将来については最大限の努力をする必要があると思っています。