はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

会社員が抱えるお金の悩みを解決するブログ

はたらきアリ新聞

【年収別】会社員の給料明細
【良いとこどり】会社員×副業
【スマホ1台】会社員が取り組む副業とは?
【忘れてはいけない】会社員の確定申告

【グーグルアドセンス】やってはいけない広告の使い方|邪魔せずクリック率をあげるには?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190909070250j:plain

ブログを運営している方にとって、マネタイズのはじめの第一歩と言えばグーグル・アドセンスだというのは全員の共通認識だと思います。

 

それくらい、ブログ記事を書き始めていくらか記事を増やしたら「とりあえず申請」しているくらい皆が通る道がグーグル・アドセンスです。

 

グーグル・アドセンスとは、あらかじめ設定した広告表示箇所にアドセンスが読者にとって興味がありそうな広告を自動で選び表示するものです。

 

読者が広告をクリックしてその先の誘導ページを見てくれれば、目的を達成します。

つまり収益として広告料が手に入るという仕組みです。

 

広告自体はこちらが選ぶことが出来ず、あくまでアドセンスが指定した「読者にとって最適解の広告」を表示することになっており、広告の選出はグーグルの持つ蓄積したビックデータを利用しているのです。

 

簡単に説明すると、アドセンスを利用したマネタイズとはこれだけです。

勝手に広告を選んでくれて、読者がクリックすれば収益が発生するのですから、いかにも簡単そうに思えます。

 

しかし、アドセンスを利用し始めるとじきにアドセンスの壁にぶつかるのです。

それは

なかなかクリックしてくれない!どうしたらもっとクリックしてくれるんだ?

という焦りです。

 

簡単そうに思えて、かなり奥が深いアドセンス。

アドセンスの攻略法とはいったい何なのか?

多くの手法を取り入れて実験を行った結果をまとめます。

 

 

グーグルアドセンスは奥が深い!

f:id:finana:20190909070622p:plain

広告が表示するようにあらかじめ張り付け場所を指定しておくだけだから簡単じゃん!

と思っていたらまったく話が違うのがアドセンス。

 

広告は勝手に選んでくれるから工夫することが少なそうに思えます。

私たちがすることといえば”張る位置”をあらかじめ指定しておくだけ…。

 

ではありません!

 

アドセンスでより多くの収益を上げるためにはさまざまな工夫が必要です。

 

アドセンスを利用したマネタイズで運営者が設定できる項目は以下の通りです。

 

・広告を張る位置
・広告のタイプ(ディスプレイ、インフィード、記事内、リンク、関連広告)
・広告の大きさ
・表示する広告ジャンルの指定
・不要な広告のブロック

 

これらを自ら設定できます。

広告の使い方の最適解を導き出し広告を貼り付けることで収益にも差が生まれてくるのです。

 

アドセンスに答えはない

 

初めに理解しておきたいのが、【これをしたら確実に稼げる】という方法は”ない”ということです。

 

よくブログサイトでは

「これをやったら収益が爆上がりしました!」
「アドンセンスだけで10万円超えです!」

など羨ましい記事が多く見つけることができます。

 

そしてその秘訣を親切にも紹介してくれています。

私などをそれに飛びつき色んな方法を試しました。

しかし、結果的にはいつも【空振り】です。

稼げる方法のはずなにも、どうにもうまくいきません。

 

有料noteを購入したりしました。それは月に100万円を超える実績を誇る方の有料noteだったりするのですが、それでもうまくいきません。

 

そしてある時、気づいたことがあります。

いくら稼げる方法があっても、そのまま自分のサイトに当てはめたら収益が上がるということはない。

ということです。

 

この真理に気付いてからはどれが一番自分のサイトに合っているのかを試行錯誤する日々が続いたのです。

 

アドセンスでやってはダメなこと

f:id:finana:20190909071036j:plain

 アドセンスではこれをやったら収益が上がる方法と言うのはありません。

 

しかしこれはやらない方が良いということはあるのです。

それは収益が上がらなくなる方法と言い換えることができ、地雷を踏んでしまうといくらPVが増えてもまったくクリックされなくなってしまうのです。

 

・広告を張る位置
・広告のタイプ(ディスプレイ、インフィード、記事内、リンク、関連広告)
・広告の大きさ
・表示する広告ジャンルの指定
・不要な広告のブロック

 

前述でこれらを設定できるとしました。

私が”儲かる手法”を取り入れてはダメだった、それぞれのやってはいけないことを解説します。

 

広告の貼る位置は2箇所で充分

 

広告の貼る位置はアドセンスでは最も重要です。

 

広告は押してもらいやすい位置に貼らないと、ただただ不快なものとなってしまいます。

 

広告でごちゃごちゃした記事はそれだけで記事を読む意識を阻害し記事からの離脱の原因となります。

 

広告を貼っても最小限の不快な場所とはどこでしょう。

 

  • 目次前
  • 記事下

 

これが答えです。

クリック率がダントツで高いのはこの2箇所です。この前後に記事を貼ることが収益率が一番高かったです。

 

それ以外の箇所はこの2箇所に比べ物にならないくらいクリック数の数値としては低いのです。

誰も読んでる途中を邪魔されたくありません。

本格的に読み始める前から、読み終わった直後が一番気持ちよく広告をクリックしてもらえるのです。

 

ディスプレイ広告だけではダメ

 

広告は大きさを指定することができます。

通常、アドセンスの設定画面で広告ユニットから広告の種類を選べます。

「ディスプレイ」「インフィード」「記事内」「リンク」「関連広告」の5種類がありどの種類を貼り付けるか決めることができます。

f:id:finana:20190909073010j:plain

推奨されているのは「ディスプレイ」とあります。

推奨なのだからより収益が上がるのかと思いきやそうでは有ありません。

昨今、一つのサイトにおける広告収益というのは下がりつつあります。

多くのサイトが乱立していることもありますが、他の理由として、「広告をクリックすると稼がせてしまう」ことが広く周知されつつあるからです。

f:id:finana:20190909073547p:plain

「ディスプレイ」とは誰がどう見ても”広告”です。

 

この広告を押すと”稼がせてしまう”と知っている読者は意地でも押さないという傾向があります。

 

とは言いつつも一番広告の種類が多いのはディスプレイです。

つまりは読者にとって最適な広告を表示できる可能性が高いのは「ディスプレイ」なのです。

 

よってディスプレイは他の広告と混ぜ合わせながら使うべきです。

 

広告は”レスポンシブ”が一番

 

広告は大きさを指定することができます。

通常、アドセンスの設定画面で広告ユニットから広告のおおきさを選べます。

デフォルトなら「レスポンシブ」が選ばれるようになっています。

f:id:finana:20190909074147p:plain

その他の選択しとして「固定」があり、好みのサイズに表示できます。

 

固定にするパターンで多いのは記事下に表示する”ダブルレクタングル”の場合です。

 

しかし最近の傾向ではダブルレクタングル以上にクリック率が高いのはレスポンシブの大きな広告です。広告は大きいほどクリック率が高いのです。

 

つまりダブルレクタングルのようにサイズを固定してしまうのは良くありません。

サイトでは”パソコン画面”と”モバイル画面”が存在し、それぞれ対応しなくてはいけません。

また、サイズを固定してしまうとそのサイズ以外の広告は表示できなくなってしまいます。

 

読者にとって最適の広告が表示できない可能性が出てきますので固定はできるだけ避けるべきです。

 

表示するジャンルの指定は不要

 

アドセンス設定画面の「ブロックのコントロール」➡「すべてのサイト」から表示する広告のジャンルを指定をすることができます。

 

・運営者の気に入らないジャンル
・広告収益率の低いジャンル
・広告自分のサイトの雰囲気とはそぐわない広告

 

これらをあらかじめ表示しないように設定することができます。

 

しかしこれは不必要な設定です。

“表示したくない広告”というのはあくまでブログ運営者の主観です。

 

一方、アドセンスは読者にとって最適な広告を表示するようプログラムされているので運営者の主観は関係ありません。

 

ブロックするよう設定しているのならすぐさま解除して様子を見るべきです。

 

私の場合だと、ブロックをすることで収益率が2分の1になってしまいました。

 

不要な広告のブロック

 

「」「」より広告を個別に表示するかしないかを設定することができます。

 

これも表示するジャンル同様、特にブロックすることはしなくていいと思います。

 

ただ、個別広告に関しては非表示設定して構わないと思います。

私も個人的に好まない広告を個別にブロックしました。

 

ジャンルは全て解放しましたが個別広告はブロックしても特に収益に違いを与えることはありませんでした。

 

やってはいけないことを抑えて手探りで見つけよう

 

やってはいけない5つの注意点を守りながらどのアドセンス広告が自分のサイトとあっているのかを実験してみましょう。

 

例をあげると、クリック率が良いとされている「リンク広告」は私のサイトではまったく収益になりませんでした。

 

貼る位置などを検討しても結果は同じ。

これは実際にやってみないと分からないことでした。

 

サイトの傾向や、自身のライディングの傾向からちょうどいいポジションというのはそれぞれ違います。

 

色んな検証を繰り返し自分の最適解を見つけてみましょう。

 

⇓アドセンスの収益を上げるための至宝の一冊。ブログ運営の基礎がまるごと分かります。

【⇓⇓あわせて読みたい】

www.worker-ant0818.work