はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

社会を生き抜くための方法を常に見いだし、小さな節約を積み上げる「手取りアップ作戦」を実行中。社会に翻弄されない力を身に付けることがこの新聞の目的です。

はたらきアリ新聞

ブラック企業勤務+ワンオペ育児=家庭崩壊は不可避?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190627040228p:plain

 「ブラック企業」「ワンオペ育児」ともにニュースでよく耳にするキーワードです。

 

日本では会社勤めすると、朝から晩まで働き詰め。旦那は毎日朝早くから夜遅くまで仕事なのでほとんど家にいない状況。

 

そんななか、結婚して家庭を持ち、めでたく子供を授かればそれは毎日が嵐のような人生の幕開けとなってしまいます。

 

今週、まさしくその状況を体験することになりました。

 

受注納期まで3日と迫るなか、他の仕事に手を焼き手が付けられなかった仕事をようやく処理できるまでになったとき圧倒的に時間が足りない状況が発覚しました。

 

他の仕事に手を焼いたせいで、後回ししていたのですが、タイムスケジュールを見誤ったせいもあります。

 

とにかく緊急で仕事を処理する必要があり、月曜・火曜と8時~22時過ぎまで仕事をしていました。

 

世にいう「ブラック企業」と妻の「ワンオペ育児」を体験する結果となり、その2日間がとてもつらかったのです。

 

そして今日(水曜日)はこれ以上は残業したくないと心に決め、夕方までに終わらせるべく一日中、そればかり仕事をしてました。

その日のツイートがこちら

 

若干、頭の中がお花畑状態でつぶやいてましたw

 

定時には帰れませんでしたが、19時に切り上げ。22時までとは比べ物にならないくらい体はマシ。

 

そんな2日間の体験を記事にしたいと思います。

 

  

ブラック企業の条件

f:id:finana:20190627052440j:plain

担当しているのは私だけ

 

今回、仕事を処理する中で一番の問題点は、仕事を処理できるのが私だけという点でした。

いくら時間が迫っていて私が焦っていても、他の職員はその仕事を処理することが出来ないので見てるだけの状態。

 

  • 「大変そうだね」
  • 「手伝ってあげたいけど分からないからなぁ」
  • 「まだ帰らずに仕事するの?」
  • 「早く帰った方がいいよ」

 

と声はかけてくれますが、私にとっては失笑もので内心

 

(話しかけるんじゃねぇ!)

 

とイラついてました。

だって何を言っても誰も助けてくれないんだもの。

 

急には出来ない仕事だし、手伝われても私の仕事が増えるだけ。

ならもう、そっとしておくしか選択肢はないでしょう。

 

先が見えなさ過ぎて、社内規則の最終残業時間である22時まで月曜、火曜と連日で残業。

 

そして水曜日の夕方に何とか資料をまとめ上げるところまで行きました。

 

これから上司の確認をとって、発送したいわけですが

 

あーでもないこーでもない攻撃をくらうと思うと、今日も気が重いわけです。

 

他の業務に振り回される

 

これも仕事が進まない理由です。比較的大きな仕事なら集中して処理したいものですが、そうもいきません。

 

私の今の部署自体が上司と2人だけで回しているため、通常業務で精いっぱいなのです。

全部署から回ってくる会計処理の書類。数が多いので処理に必死です。

 

ですので就業時間中に何かひとつの仕事を集中するというのがとても難しいのです。

これもタイムスケジュールを見誤った原因です。

 

上司に振り回される

 

まず、上司は今回の仕事に関してまったく処理することが出来ません。

上司が異動直後ですので、仕事が分からないのです。

 

なので、上司に今の状況を伝えて集中させてほしいと言えればよかったのですが出来ませんでした。

 

上司は知ってか知らずか、多くの業務を処理するよう指示してきます。

まぁ知っててですが。

 

「〇〇君には早く色んな仕事を覚えてもらわないとダメだからね」

 

 っと相変わらずモヤっとさせてくれます。

 

⇓モヤっとする上司について

www.worker-ant0818.work

 

毎日が残業+ワンオペなら家庭崩壊

f:id:finana:20190627052326p:plain

私が家にいない状況だったので、妻に3歳と0歳の子どもを完全にお任せでした。

 

仕事に集中していたから連絡もせず。

 

22時過ぎに帰って様子を見ると、疲れ果ててました。

 

ご飯たべて、お風呂はいって、歯磨きや着替えを1人でやっていると時間はあっという間に過ぎたようです。

 

片付けなんで出来るわけもなく家は荒れてました。

 

話しかけても無言だからビビるのですが、妻なりの主張だったのだと思います。

 

2人ともよく泣く子でけっこう手間がかかります。

 

もちろん可愛いのですが、しんどい時を一人で乗り越えるのは重労働なのです。

 

連日でこの状況だったのですが、今日で残業は終わると思うと告げると肩をなでおろしていました。

 

家庭崩壊の回避方法

f:id:finana:20190627053740j:plain

私が帰ってきたら、終わった!という気持ちになるのでしょうか。

 

「肩が凝った、首が痛い」

「マッサージしてほしい」

 

とリクエスト。(半分、命令?)

 

僕もまぁまぁ疲れているんですけどw

 

しかしここで文句を言ったら家庭崩壊です。

 

  1. 家の片づけをして
  2. マッサージをしながら
  3. 妻の話を聞く

 

これが崩壊回避の必須条件です。

 

うん、下僕。

でもこれでいいんだと解釈しています。

ピリついた状況の中にいる方がよっぽど疲れるので、妻のストレスを抜きながらゆっくりした時間を過ごす。

 

そしてブログを書く!

 

この2日間はつらかったですが、乗り越えました。

 

明日からは日常生活に戻れそうで本当に良かったです。