はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

会社員が抱える悩みを解決するためのブログ

はたらきアリ新聞

【年収別】会社員の給料明細
【良いとこどり】会社員×副業
【スマホ1台】会社員が取り組む副業とは?
【忘れてはいけない】会社員の確定申告

ブログを【事業】として考えたときに共通する項目を検証

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190803080512j:plain

 私はブログを今年の3月から始めたのですが、今までブログというものに触れたことはないし、学生のときにミクシィを少しやっていた程度です。

 

それも飽きてしまい、これまでSNSに多くを時間を割いてきたわけではないのですが、3月から毎日のようにブログを書くようになりました。

 

⇓突然のブログ参入の詳しい経緯はこちら

www.worker-ant0818.work

妻がブログやりたいと言いながら、なかなか始めないので業を煮やして私が始めたのです。

 

当初は忙しいなんて言い訳だ!やる気があれば何でもできる!
みたいな猪木のようなテンションでブログを始めました。

 

すると見事にブログに取り憑かれたのです。

ブログはとても奥が深くてやればやるほどハマりました

少しでも多くの共感を得たり、さらには収益化するには多くのパターンやルールがあるのでした。

ブログひとつ書くにも突き詰めると奥が深く、収益を目指そうと考えたとき、これは立派な事業だと思うようになったのです。

 

この記事ではブログを事業性の側面から解説し、ブログの奥深さをまとめていきたいと思います。

 

 

WEBマーケティングをまとめるとブログに行き着く

f:id:finana:20190804080310j:plain

ブログを事業と考える場合、外すことが出来ないのが収益を目指すということで必要なスキルはWEBマーケティングになります。

 

WEBマーケティングとはインターネットを介して人と人をつなぎ、ブログなどのコンテンツで商品を紹介する中で購買意欲をかきたて、商品を購入してもらい収益をあげることをいいます。

 

ブログを通じて収益を上げるメジャーな方法はアフィリエイトと呼ばれる方法です。

 

・A8
・もしもアフィリエイト
・バリューコマーズ
・アマゾンアソシエイト
・楽天アフィリエイト

 

など多くのアフィリエイト運営会社が存在します。
ブロガーは自身のブログ記事にアフィリエイト広告を貼り、魅力的に商品を紹介することによって購入を促します。

 

そして購入していただければ、広告主から数%の報酬をいただくことが出来るのです。
この簡単な一連の流れの中にさまざまな工夫が織り込まれ一つの商品が売れていきます。

 

広告部門

 

広告といえばその商品を知りえる最初の情報です。何も知らない消費者を自身の商品を知ってもらい買ってもらうためのはじめの接点です。

そのため広告はより人の目についてなんぼの世界です。

 

接する機会を得ることによって、より多くのお客様に知ってもらうことが出来れば商品が売れる可能性の高くなります

言い返せば、最初の接点で失敗してしまえばそのお客様は二度と来てくれません。

 

それはブログ記事の【タイトル】や【見出し】に共通します。

 

ブログの流入の多くは検索からになります。探してほしいキーワードを決めて、タイトルを設定することをSEO対策(検索エンジン最適化)と言いますが、グーグルの検索エンジンがユーザーの意図に限りなく近い情報を与えようとする作業です。

 

グーグルは検索意図に近いであろうサイトを順番に表示していくのですが、サイト作成者はより低い順位を取ることが求められるのです。

キーワードをはじめとするSEO対策はまさしく事業でいう広告担当なのです。

 

⇓はかせさんSEO対策はこちら(8月3日分まで更新済み)

www.worker-ant0818.work

 

SEO対策ですが、最近はグーグルのアップデートが頻繁に行われている関係から、SNSからの流入を確保しようという流れが定着しつつあります。

 

ブログをしている方はほぼツイッターやインスタグラムを同時にやっており、ブログに比べて気軽にできるのでフォロワーを増やしやすく、ファンになってくれるリピーターを得やすいというメリットがあります。

SNSを利用することも広告部門の一端を占め、検索流入の不安定さを補う効果があるのでこれからは必要不可欠と言っていいでしょう。

 

研究

 

ブログは記事を書いてなんぼ、記事数を増やしてなんぼの世界です。

それは検索からの流入が大半のため1記事より2記事、2記事より3記事と記事数が多ければ多いほど有利なのです。

 

しかしブログのは1記事書きあげるにも多くの時間を費やします。それは

・ネタ
・文章構成
・結論付けたい記事への導線
・内部リンク作成
・画像
・表
・リンクアフィリエイト広告

など記事を書きかげるのに必要な要素が多々あるからです。そのため記事を作るための知識や経験を蓄えるための勉強が欠かせません。

 

成功している方のブログを読んだり、分からない要素を検索したり、本を購入して読んだり、調べたいことは尽きません。

そしてインプットと同時にアウトプットを行うこと。

 

ブログの良いところはいつでも修正できることです。とりあえず記事を書いてあとから修正でも構わないのです。

アウトプットして初めて経験となるのです。

私はアウトプットを続けながらブログを成長させてきました。

 

商品開発

 

ブログというのは大きく二つに分けられます。

  • 雑記ブログ
  • 特化ブログ

雑記ブログは私のブログのようなものです。一つのジャンルに絞らずにブロガーの書きたいことを書くサイトです。ネタが定まらないのでユーザーは困惑する可能性がありますが、ネタに困ることが少なく、毎日記事を書くことが可能です。

 

その反対が特化ブログで、ジャンルを決めて専門性や有益性の高い情報を提供するサイトのことを指します。ネタも有限なので記事数が限られるのが特徴ですが、検索者は意図してサイトを閲覧するのでアフィリエイトに繋げやすく収益の効率をもとめるのなら特化ブログをお勧めします。

 

※私はブログ初心者ということもあり、雑記ブログを書いていますがそれは正解だったと思います。
【広告】でも述べた通り、インプットとアウトプットがブログには必要ですが最短でレベルアップを図るには雑記ブログで毎日書くことが重要です。

私はまだブログを始めて6か月ですが、記事数は140記事を超えました。
当初に比べ記事のレベルも良くなってきている思います。
4月あたりの記事と比べていただければよく分かります。

 

つまり、どんなサイトにするかは自由ですのでブロガーの戦略に沿ってサイトと記事を練り上げていきます。

何によ一番大事なことはブログを書く人が楽しく続けられることです!

 

⇓ちなみに雑記でも大成功を収めているサイトはこちら

⇓特化ブログはこちら

 

製造・販売

 

製造とはまさしく【記事作成】を指します。

  1. 記事タイトル
  2. 見出し(小見出し)
  3. 画像
  4. 文章構成
  5. リンク張り
  6. 表つくり
  7. 吹き出し設定
  8. アフィリ広告の貼り付け
  9. アドセンスの貼り付け

そして一番大事な記事の内容!

 

これらをまとめ、一つの記事に作り上げます。まさに【製造】。

ただの文章なら誰も読んでくれず、見てくれず、検索にも上がらないでしょう。

 

しかし工夫を積み上げることによって商品購入までつなげる努力は綿密な作業なのです。この作業をなくして収益化は不可能。

なので収益化を目指すブログは奥が深いのです。

 

そして【販売】です。

販売はどのサイトを使うかによるでしょう。現在、収益化を目指すブログなら

 

・ワードプレス
・はてなブログ

 

の二択です。

どちらを選ぶかはユーザー次第ですが収益化を目指す場合、割合としてはワードプレスが多いです。

 

やはり一番の決め手はワードプレスの【有料テーマ】です。

ブログサイトのテンプレートを購入すれば、さほど知識がなくてもデザインのいいサイトが作ることが出来ます。

 

これがヒットして、ワードプレスの有料テーマを利用するブロガーさんは多くいます。

また、SEO対策であったり、サイトの高速化にも対応したテーマも多く、死角のないテーマが多いので有料テーマを購入することは理にかなっています。

 

ちなみに私ははてなブログを利用しています。

⇓はてなを優先している理由はこちら

www.worker-ant0818.work

 

はてなブログで頭を抱えているのが一点あります。

サイトの表示速度です。これに関してはまだ解決に至っていません。

どうしましょう…。

 

維持管理

 

維持管理とは世に送り出した記事の【リライト】です。

 

実はブログ記事というのは一度リライトして記事の方が検索上位に上がりやすい特徴があります。(※はかせ@SEOコンサルタント@hakasechimoより)

 

また検索ユーザーは最新情報にこだわります。

情報が半年も一年も前だと記事を読んでくれなくなる可能性があるので、記事のメンテナンスには記事を作成するのと同じくらい注意を払う必要があります。

 

営業部門

 

営業部門とは収益化を目指すサイトの一番重要な部分です。

(※一番重要ですが、それは今までの工程をしっかりこなしたうえでの話です。)

 

良いサイト、良い記事を書き、それに付随した広告から商品を購入したくなるよう導線を作らなければなりません。

 

良い記事づくりに営業要素をちゃんと取り入れないと収益化はできないのです。

 

それには記事を通してその商品が

 

・なくてはならないもの
・より豊かになること
・快楽を得られるもの
・精神的に安定するもの
・欲求を満たすもの

 

でなければなりません。

その隠れた潜在意識を、記事を読んでもらうことによって引き出せるかが腕の見せ所なのです。

 

サービス・アフターフォロー

 

これは記事の満足感サイトの満足感によります。

一つの記事だけではサイトを回遊してくれません。

言わずとも、一人の閲覧者が何ページも記事を読んでくれた方が収益には良いのです。

 

  • 何度も参考に見てくれる
  • SNSでシェアしてくれる

 

このようなサイト作りを目指して、ひとつずつの記事づくりをしなくてはいけません。

 

 ブログと事業の関連性について

f:id:finana:20190804081116p:plain

 以上のようにブログというのを事業としての側面から解説してみました。

 

ブログは誰でも、いつでも、どこでも始めることが出来るので忘れがちなのですが、収益を目指すとしたときは、他の商売と同じように計画的に、戦略的に展開することが極めて重要です。

 

それは成功への時短作業と言い換えてもいいでしょう。

 

どんな仕事も、どんな職種でも不変の事業要素なのであたらめて記事に残した次第です。

 

この記事を私が一番、生かすことが出来るようこれからも頑張ります。