はたらきアリ新聞

社会を生き抜くための方法を常に見いだし、小さな節約を積み上げる「手取りアップ作戦」を実行中。社会に翻弄されない力を身に付けることがこの新聞の目的です。

はたらきアリ新聞

【通信制大学】サイバー大学はITスキルに特化したソフトバンク系大学(学士取得可能)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190609022104p:plain

 サイバー大学という大学をご存知でしょうか?

 

まったく聞きなれないこの大学は、実は通信制の大学でしかもソフトバンクグループが親会社のれっきとした株式会社立大学です。

 

つまりちゃんと単位を取得すれば学士号を取得することができ、そのための通学は必要ない。旧来の放送大学のような位置付けなのだが、IT分野に特化しているというのがこの通信大学の最大のウリです。

 

昭和・平成の時代は暗記型の詰め込み教育だったのだが、これから先の未来は一人ひとりがブランディングが必要な時代になると思う。

 

  • 大企業だから安泰
  • 大企業だから給料は高い
  • 大企業だから福利厚生が良い
  • 大企業だから退職金が貰える

 

というような価値観はなくなりつつあります。

すでに大企業がこの価値観を捨て去ろうとしています。

 

 ⇓大企業の価値観の変化についての記事はこちら⇓

www.worker-ant0818.work 

www.worker-ant0818.work

 

サイバー大学はこれからの荒波の時代に立ち向かえる芯の強い学生を生み出せる大学なのだと感じています。

 

 

サイバー大学とは?

 

www.cyber-u.ac.jp

サイバー大学は福岡県に本部を置く日本の株式会社大学です。

 

通信制の大学のため、本部に通学するわけではなく生徒はあくまでインターネットを通じて授業を受けるのです。

 

ITに特化した大学ということでソフトバンクグループが出資しており、IT時代がさらに加速していく将来に対して優秀な人材を自ら発掘する姿勢が伺えます。

 

通信制の大学のため生徒はもっぱら社会人の方が多いよう。

いつでも、誰でも、好きなタイミングでITスキルを学ぶ環境が整っており、これからの時代に必要不可欠な学習を提供してくれています。

 

ITとビジネス、両方の視点と知識・技能を兼ね備えた「高度IT人材」を育てていくことが、サイバー大学の使命だと考えています。
初めて社会へ飛び立つ方には、最初の飛躍がより確かで大きなものとなるように、すでに社会で働いている方には、自身の価値をさらに高められるように、ITを活用して新たな価値を創り出す力を強化し、多様化する社会やビジネスに貢献するための知識とスキルを身に付ける場を提供します。

(参照:サイバー大学とは? | 通信制大学 | サイバー大学

 

正規の大学と同様の学士取得可能

 

サイバー大学の学生は在学期間中に卒業要件の124単位以上を取得することにより学士の学位(4年制大学卒業資格)が取得可能です。

 

大学神話が根強い日本では、大学として存在するための必須の要件でしょう。

 

単位を取得するための授業はすべてオンラインで完結します。

学科は3学科が用意されています。

 

  • テクノロジーコース
  • ITコミュニケーションコース
  • ビジネスコース

と、どれもこれから先の未来に必要なスキルが学べそうな学科名だ。

 

テクノロジーコース

 ビジネスの分かるITエンジニアを目指す。

情報化社会の基盤となるインターネット技術やソフトウェア開発のためのプログラミングスキルの知識を専門的に学びながら、システム管理者としても必要なセキュリティ対策を修得し、次世代のIT産業に参画したい方におすすめのコースです。

  • AIを活用したデータ分析手法や機械学習などの理論を学び、ビジネスに応用したい

  • ネットワークシステムの導入・維持について学び、顧客へ提案したい

  • 会社を守るセキュリティ対策を学びたい

  • ネットワークシステム全般を学び顧客に提案したい

 

人向けの学科です。

 

ITコミュニケーションコース

 

ITを活用したいすべての人へ。

スマートフォンによる仕事の仕方やIoT(Internet of Things)の浸透など、今後ますます生活の中にITによる変革がもたらされます。仕事だけでなく、生活や社会全般の中で、次々と登場する最新の情報テクノロジーの利用価値を理解し、仕事や生活に適用していきたい方におすすめのコースです。

 

  • 仕事や生活に各種のITサービスを活用したい
  • ソーシャルメディアを活用して情報発信・共有したい

 

人向けの学科です。

 

ビジネスコース

 

ITの分かるビジネスパーソンを目指す。

ビジネスに必要な法律やマーケティング、会計、経営などの知識を専門的に学び、ビジネスリーダーとなるためのプロジェクト管理能力や経営戦略の立案に必要な知識を修得し、ITを活用して新たな事業を展開できるようになりたい方におすすめのコースです。

 

  • 企業や新しい事業を始めたい
  • ネットによるマーケティング手法を学びたい
  • システム開発リーダになりたい

人向けの学科です。

 

学費は激安

 

ソフトバンクが出資する最先端IT技術が学べる大学と聞いたらさぞかし高い学費が必要なのだろうと思ってしまいます。

 

そんなことありません。

 

学費はむしろ国公立大学並の学費でした。

 

例えば、4年間在籍して卒業に必要な124単位を取得した場合の学費がこちらです。

 

1単位:21,000円

学期ごとの管理料など:28,000円

 

21,000円 ✖ 124単位 = 260.4万円

 

28,000円 ✖ 8回    = 22.4万円

 

4年間の合計が282.8万円です。

1年あたりで70.7万円と国公立大学とほぼ同額といっていい学費です。

 

通信制を強みに変える発想の転換

 

通信制の大学や高校に通っているといえば、少し周りと事情が異なる生徒が通学しているのだろうといった印象が一般的でしょう。

 

しかし、通信制というシステムは非常にコスパが優れています。

 

なんせ社会人が仕事をしながら空き時間に通学できるのだから、

いつでも、どこでも、好きな場所で勉強をすることができるのです。

 

正規の大学生にもその時間管理を当てはめてみたらいいと思うのです。

 

大学には多くのお金がかかります。

授業料とは別に

  • 通学のための定期代もしくは借家費用
  • 学生の遊ぶ費用

などで学生自身がアルバイトをしなければなりません。

学生をしながらアルバイトに明け暮れて、肝心の学業はおろそかでは大学に通う意味はありません。

 

また、授業を受けるにあたっても時間を割かなければなりません。

 

学生の特権でもある【時間】が以外にもないのが現状です。

 

そんな学生に通信制というヒントを与えて、時間を思いっきり他の学びの時間に充てるべきだと思います。

 

これからは個人のスキルやブランディングの時代です。そのためのスキルは既存の大学では学ぶことは出来ません。

 

詰込み型教育に時間を割き、社会に出ても知識や経験がないものだから一から学ばなければならない新卒の学生はもはやオワコンでしょう。

 

時間を有効活用し、学業以外にも専門性の高いスキルを身に付け、満を持して社会に出るべきでしょう。

 

そんな価値観を与えてくれる大学がサイバー大学であり、私の子供を通わせたいと思う大学でした。