はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

社会を生き抜くための方法を常に見いだし、小さな節約を積み上げる「手取りアップ作戦」を実行中。社会に翻弄されない力を身に付けることがこの新聞の目的です。

はたらきアリ新聞

【職場環境を改善したい】保育士の給料アップは当然!転職は”超”売り手市場

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190831071230p:plain

保育所落ちた、日本死ね

というブログが世の中を賑わせたことは記憶に新しいですね。

 

この言葉が広く世の中に広まり、世の中の保育園はまったく数が足りていないことが全国区で認知されることになったのです。

 

そしてメディアはこぞって【入りたくても入れない保育園】についてメディアで特集を組むようになったのです。

 

メディアは安倍政権が『1億総活躍社会』を掲げているにも関わらず、そのための社会整備がまったく追いついていないことにスポットを当ててきました。

 

しかし、報道されるのはいつも保育園・幼稚園の”数”ばかり。

 

保育園・幼稚園の数を増やそうと行政はあわてて取り組みだしのですが、忘れてはいけないのが保育園・幼稚園を支えるのは働く【先生】ということです。

 

保育園・幼稚園の先生の職場環境というのは、決していいものではありません。

特に問題なのが1か月に得られる賃金です。

f:id:finana:20190831094946p:plain

(参照:厚生労働省職業安定局「保育士資格を有しながら保育士としての就職を希望しない求職者に対する意識調査」平成25年

 

実に半数もの先生が【低賃金】に悩んでいるのです。

 

多くの園児さんを預かることは、その期間、子供の命を預かっていることと同義です。

にも関わらず先生たちの賃金は【低賃金】なのです。

 

保育園・幼稚園の先生も一人の社会人です。

保育園・幼稚園の先生たちが安心して生活を送るために特に重要になってくる【賃金】やその他の職場環境など【保育士の転職】について解説していきます。

 

 

 

保育士の転職市場は”超”売り手市場 

f:id:finana:20190831101229p:plain

保育士を確保せよっ!

これはいま全国の行政が集中して取り組んでいる保育園・幼稚園の【最重要課題】です。

 

保育園の数は予算がつけば順序立てて増やすことは可能です。

 

しかし、数は増やすことは出来ても、計画立てて増やすことが出来ないのが働いてもらう保育士さんについてです。

 

保育士の仕事とは?

 

保育士の仕事といえば【激務】のイメージが浸透しています。

 

・低賃金
・早朝出勤
・慢性的な残業
・休日出勤
・持ち帰りの仕事あり

 

先生同士の人間関係や保護者との人間関係はまた別の問題として存在しますが、上の問題はどこの保育園・幼稚園にも存在する内容です。

しかし何より最大の問題点は【低賃金】であること。

f:id:finana:20190831100344p:plain

激務なのに【低賃金】

 

これが原因で保育士の資格保有者数に対して、実際に保育園・幼稚園で働いている人数は資格保有者数の半数程度となるのです。

f:id:finana:20190831100813p:plain

(参照:主な人手不足職種に関するハローワーク求職者の免許・資格の保有状況【厚労省】)

 

実際には以下の賃金帯が多いのが現実です。

f:id:finana:20190831101406j:plain

 

この問題に対して行政は先生たちの労働環境を良くしようとあらゆる取り組みを実施しています。

取り組みの中には当然、賃金アップも含まれています。

 

でなければ増える一方の保育園・幼稚園に対して保育士を確保できないという問題点があるので行政は本気で取り組んでいるのです。

 

保育士の転職は【保育Fine!】

 

保育園の先生を確保することは全国的に【最重要課題】として取り組まれています。

 

・今は保育園に勤めていない先生
・勤めているが転職を検討している先生

 

保育士の先生が転職を考える場合、数多くある保育園からより良い職場環境を探すことは至難の業です。

 

実際に転職してから

しまった~…。こんなはずではなかった…。

という誰にも言えない後悔は多いものです。

 

好条件の保育士求人を多数ご用意している【保育Fine!】では保育士さんの悩みを的確に解決してくれます。 

 

・高収入
・良好な人間関係
・ママさん保育士OK
・定時退社
・シフト勤務OK
・持ち帰りなし
・福利厚生充実

 

普通では考えられないような保育士の勤務も親身になって転職をサポートしてくれるのです。

 

登録方法

f:id:finana:20190831104911p:plain

登録は簡単です。以上のページから順番に

 

1.保育資格(見込みも含む)
2.希望雇用形態(正社員・パート・契約社員・派遣など)
3.氏名と生年月日、性別
4.住所
5.連絡先

 

これらを登録するだけです。5分もかかることはありません。

 

登録が完了すればあとは【保育Fine!】からの連絡を待つだけです。 

 

保育Fine!のいいことろ

 

保育Fine!は日本トップクラスの求人数を誇ります。

よって日本全国の保育園・幼稚園の求人情報が集まっています。

 

・高収入
・良好な人間関係
・ママさん保育士OK
・定時退社
・シフト勤務OK
・持ち帰りなし
・福利厚生充実

 

このように保育士さんの希望に沿う保育所・幼稚園を数多くある登録施設から選別することが出来るのです。

 

若い女性が積極的に登録していることも魅力です。

特に20代・30代の保育士さんが主に登録されているのでか新たに登録を考えておられる新卒の保育士さん、ママさん保育士さんなど一人一人の環境に合わせて保育園・幼稚園を紹介することが出来るのです。

 

給料アップ・産休育休後の復職は保育士さん最大の悩みです。

これらの相談はぜひ保育Fine!のスタッフに相談するべきです。

 

保育士の採用:明石市の取り組み

 

保育士の採用で全国で特に力を入れている市町村を紹介します。

 

それは兵庫県の【明石市】です。

くしくも【待機児童全国№1】の自治体です。

f:id:finana:20190831111952p:plain

そんな自治体は子育て支援に全力で取り組んでいることで有名なのです。

その結果が【待機児童全国№1】なのです。

 

子育てに本気で取り組んでいるから周辺自治体からの流入が次々に続いているのです。

f:id:finana:20190831111605p:plain

 

そんな明石市では保育士さんの採用が急務です。

 

全国№1の待機児童自治体では、保育士さんの確保が【最重要課題】なのです。

 

全国で保育士が足りない!

 

このような取り組みはその他の自治体でも多くあります。

 

あとは個別に保育士さんと採用したい保育施設が巡り合えるかどうか。

 

そんなお手伝いをするのが保育Fine!です。

 

【無料登録】するだけで保育園に関する転職情報をいつでも得ることが可能です。

 

転職をお考えの保育士さんは【無料登録】するところから就職活動をスタートするものいいですね。