はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

会社員が抱えるお金の悩みを解決するブログ

はたらきアリ新聞

【年収別】会社員の給料明細
【良いとこどり】会社員×副業
【スマホ1台】会社員が取り組む副業とは?
【忘れてはいけない】会社員の確定申告

【2019年】いなみ大池花火まつりでラクに鑑賞できる裏スポットを教えるよ【駐車場あり】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190823011805j:plain

 兵庫県加古郡稲美町で開催される花火大会です。

 

8月の第2週の土曜日に毎年開催されており、今年も予定通り開催されてました。

 

花火の数は発と都会と比べて決して多いわけではありません。

 

しかし、田舎ならではというか、見ごたえがある花火大会で有名なのです。

 

なぜなら花火会場の真下から花火の打ち上げを見上げることが出来るという、都会の花火大会では出来ない体験ができる人気の花火大会なのです。

 

その様子がこちら!

 

 

 

花火の迫力もかなりイイ感じです!

 

しかし、田舎の花火大会ならではの問題があるのです。

 

1.田舎だから車で移動しなければならない
2.特設駐車場から会場が遠い
3.臨時バスがあるけど激混み
4.歩いたら会場まで徒歩30分

 

お世辞にも便利ではありません。

この記事では、そんな思いをせず、ゆっくりと家族で花火を見ることが出来る裏スポットをご紹介します。

 

 

いなみ大池花火まつりは交通機関が死んでいる

 

稲美大池花火まつりの一番の問題点は【公共交通機関が死んでいる】この一点に尽きるでしょう。

 

この問題さえなければ、田舎で開催される、迫力のある花火を真下から見るなんていう体験はかなり貴重だと思います。

 

なので縁があれば、ぜひ行ってもらいたい花火大会なのですが、大問題なのが公共交通機関なのです。

 

特設駐車場について

 

【加古大池】という大きなため池で開催される花火大会なのですが、当日は道路の交通規制が実施されます。

 

会場周辺の道路には警備員や機動隊も数台配置されますので、路駐は不可能。

f:id:finana:20190823023251j:plain

 

しかも周りは田んぼだらけなので駐車場がありません。

一年に一度だけ、この日だけ稲美町は大盛りあがりですが駐車場がないのです。

 

一番近い特設駐車場はというと【稲美中央公園】が該当します。

 

 

とはいえ、会場の加古大池から2㎞も離れています。

大人が歩いても30分程度はかかりますし、子供連れだった場合はもっと時間がかかってしまいます。

 

近くに臨時のシャトルバスは16時から運行しているのですが、超満員なのでこちらも待ち時間は覚悟しなければなりません。

 

裏スポットについて

 

花火は見たいけど楽してゆっくり見たい!

 

誰もが願うこの願い。

裏スポット的な場所があり、かなりおススメです。

 

花火会場から若干、離れますが問題なし。

田んぼばかりですから何も障害になるものがないので十分に大迫力です。

 

そのスポットとは【愛宕池】です。 

 

少しわかりづらいですが、先ほどの稲美中央公園と目と鼻の距離です。

 

この周辺には特設駐車場も設けられているので、 駐車場からもスグの場所。

 

この池は土手になっているので、土手を登ってゆっくり鑑賞することができます。

 

【ブルーシート】と【虫よけスプレー】は必需品です。

これがないと花火鑑賞どころではなくなります。

 

花火が打ちあがっている最中は、池に花火が映し出されかなり贅沢ですよ!

 

いなみ大池まつり花火大会概要

f:id:finana:20190823025708j:plain

催し物

 

例年、模擬店、夜店が多数出店するほか、お化け屋敷、ビンゴ大会など多彩なイベントで賑わいます。

 

  1. 午後5時00分~
    ・しゃぼん玉・みずてっぽうあそび
    ・模擬店(午後8時30分まで)
    ・露店(午後9時00分まで)

  2. 午後6時00分~
    ・オープニングセレモニー

  3. 午後6時30分~
    ・抽選会 抽選券の配布開始時刻:午後5時
     対象:小学生
     先着400枚(1人1枚)

  4. 午後7時30分~

 花火大会(午後8時15分終了予定)※午後8時以降は会場内の入場を禁止

 

開催場所:加古大池(※荒天の場合は日曜日に延期)

 

 

 

◇◆◇最後に ◇◆◇

 

稲美町というと【ため池】が日本一多いことで知られています。

 

人口は3万人ほどの田園が広がるのどかな町です。

 

ため池以外に多いのがカフェです。

稲美を歩いていると至る所にカフェや喫茶店などの飲食店が出てきます。

travel-star.jp

田舎とは思えないほどの数なので稲美町に立ち寄った時はお食事もお楽しみください。