はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

会社員が抱えるお金の悩みを解決するブログ

はたらきアリ新聞

【年収別】会社員の給料明細
【良いとこどり】会社員×副業
【スマホ1台】会社員が取り組む副業とは?
【忘れてはいけない】会社員の確定申告

NHKドラマ【これは経費で落ちません!】第4話あらすじ「平松由香利」とドラマ予備知識

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190817005733p:plain

【金10枠】NHKドラマ:【これは経費で落ちません】が夏ドラマとして絶賛放送中です。

 

第4話は『女の明日とコーヒー戦争の巻』

 

コーヒーメーカーのコーヒーを皆に淹れて回る横山窓花(伊藤麻実子)に対して、コーヒーサーバーをリースする稟議書を出そうとする平松由香利(平岩紙)。

この総務女子の争いに森若さんも巻き込まれ、由香利は自身が通う女性の生き方セミナーに森若さんを誘う。

講師の三並愛美(須藤理沙)は、未来の可能性に投資することを聴講者に説くが、一方で三並が由香利の稟議書のコーヒーサーバーのリース先の社長であることがわかり・・・

(参照:予告編動画 | これは経費で落ちません!

 

NHKドラマ概要

7月26日スタート 総合 毎週金曜 よる10時から10時49分(連続10回)

【原作】
青木祐子
【脚本】
渡辺千穂 藤平久子 蛭田直美
【出演】
多部未華子(森若沙名子) 重岡大毅(山田太陽) 伊藤沙莉(佐々木真夕) 桐山漣(山崎柊一) 松井愛莉(中島希梨香) 韓英恵(鏡美月) 角田晃広(吉村晃広) 片瀬那奈(皆瀬織子) モロ師岡(新島宗一郎) 平山浩行(田倉勇太郎) 吹越満(新発田英輝) ほか
(参照:ドラマのみどころ | これは経費で落ちません!

 

再放送

 

総合 毎週水曜 午前1時25分(火曜深夜)

 

~経理部の森若さん~の見どころとドラマ予備知識
第1話「山田太陽」とドラマ予備知識
第2話「皆瀬織子」とドラマ予備知識
第3話「馬垣和雄」とドラマ予備知識
 第5話「田倉勇太郎」とドラマ予備知識
第6話「麻吹美華」とドラマ予備知識
第7話「留田辰彦」とドラマ予備知識
第8話「円城格馬」とドラマ予備知識
第9話「企業買収」とドラマ予備知識
最終話「どうしますか、森若さん」と恋の行方

 

 

第4話あらすじ〜コーヒーをめぐり女同士の争いが…

 

コーヒーメーカーのコーヒーを皆に淹れて回る横山は、勝手にコーヒーサーバーを導入するための稟議書を回した平松に抗議するも受け入れないため会社を巻き込む問題に発展する。

 

稟議書は総務課長が保留としてその場をまとめたが、問題を先送りにたままに。

すぐさまコーヒーサーバーとサーバーの覇権争いが勃発する。(横山が一方的に…。)

 

一方、平松は以前、森若さんの求人募集のインタビュー動画を見てセミナーに行かないかと誘う。

そのセミナーとは「働く女性のための生き方セミナー」だった。

そこで講師を務める三並はカリスマ講師として、参加女性の憧れの的であった。

 

その三並の話を聞き、森若さんも少なからず影響を受けることに。

平松はすでに300万円を支払っており、支払いが滞っている状況であったが本人は「投資」だからと意に介さない。

 

しかし、2回目のセミナーで求められた入会費の50万円の内訳が分からず森若さんは入会を断ったのでした。

 

モヤモヤする森若さんが山田に疑問をぶつけると「将来の保障より今が一番輝いている自信があるから問題ない」と明確に回答し、心が晴れるのだった。

(その時、初めて山田に対して笑顔を見せる森若さんであった。)

 

総務課長の新島はコーヒーが嫌いと告白し、コーヒーサーバーを導入しようとするが、会社の営業方法を知った経理部は契約するための調査を行うことに。

 

決算会社の財務状況を確認するため提出された資料を確認すると故意に売り上げが隠されていることが分かり(粉飾決算=脱税)、コ-ヒーサーバーの導入は見送られることになった。

 

私的な理由で会社に契約を持ち込む?疑惑の平松由香利

f:id:finana:20190818080641j:plain

コーヒーサーバーを導入するとに対して、契約額も問題なかったため通りかけた稟議書だったが、会社自体に問題があり見送られた案件だった今回の話はそもそも平松が会社を選定したことが始まりだった。

 

平松は個人的に通っているセミナー講師よい恰好をしたくて会社のコーヒーサーバーを進めたわけだが、粉飾決算をしている可能性がある会社とはコンプライアンスの観点から問題があるとして話はなくなったのだ。

 

平松自身は、40歳の独身OLとして自身の将来を案じており、会社員のままではいけないと思い込んでいました。

 

セミナーには他にも多くの女性参加者がおり、カリスマ講師のもと、大人気セミナーとして人気を博しており多額の会費を取るという、かなり風刺のきいた一話でした。

 

【⇓⇓再放送はU-NEXT】

 

ドラマで出てくる経費用語

 

粉飾決算

 

個人事業主や会社(法人)では毎年、事業の売り上げを報告する必要がある。(確定申告)

その時に報告する収支の数値を意図的に改ざんして、本来より利益を少なく見せることを指す。

 

利益が少なくなればその分払う税金が少なくなるので経営者は何を計上できるかは腐心するものです。

しかし、認められていない方法で経費を計上したり、そもそも実体のない収支で決算書を改ざんする行為は法律で認められていないため、発覚すれば刑罰が適用され処罰される。

 

脱税

 

粉飾決算の結果、本来払うべき税金との差額分が「脱税」となる。

”税務調査”などで発覚すれば決算書を修正したうえ、本来払うべき税金のほか以下の罰則が適用される。

過少申告加算税
無申告加算税
不納付加算税
重加算税
延滞税
利子税

さらに悪質だと認められる場合は経営者逮捕、家宅捜索など刑事事件として大々的に報道させるため、会社の信用も著しく損ないこととなる。

 

第5話は福利厚生の私的利用にメス

 

第5話『流された男の巻』

 

森若さんは経理部の田倉勇太郎は、静岡工場で単身赴任している熊井と高校時代同じラグビー部員同士だったことを知る。

 

そんななか森若さんは、この二人が仲がいいだけでなく、熊井の経理処理を勇太郎が代わりにやっていることを見つけ、不審に思った森若さんは熊井の過去の経理データを調べるのだった。

 

福利厚生の一環で社員が支払いのために給与の前払いでもらう仮払い金の申請が、精算を後回しにしながら立て続けに行われていることを発見し…。

 

~経理部の森若さん~の見どころとドラマ予備知識
第1話「山田太陽」とドラマ予備知識
第2話「皆瀬織子」とドラマ予備知識
第3話「馬垣和雄」とドラマ予備知識
第5話「田倉勇太郎」とドラマ予備知識
第6話「麻吹美華」とドラマ予備知識
第7話「留田辰彦」とドラマ予備知識
第8話「円城格馬」とドラマ予備知識
第9話「企業買収」とドラマ予備知識
最終話「どうしますか、森若さん」と恋の行方