はたらきアリ新聞

社会を生き抜くための方法を常に見いだし、小さな節約を積み上げる「手取りアップ作戦」を実行中。社会に翻弄されない力を身に付けることがこの新聞の目的です。

はたらきアリ新聞

携帯代にいつまで高い料金を支払うの?格安スマホへ今すぐ乗換えよう【マイネオまとめ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190806052023j:plain

格安スマホに乗り替えるだけで252万円が返ってきます。

 

いきなりデカいことを言ってしまいました。しかし事実です。

 

計算方法なのですが、月あたりの料金が大手キャリア1万円、格安スマホ3千円として30年間使用した場合の差額としました。

(10000-3000)✖12か月✖30年=2,520,000円

 

という訳です。

 

格安スマホについては普及率が12.3%になったという調査結果がでています。(参照:2019年3月格安SIMサービスの利用動向調査

 

格安スマホとして事業展開している企業を仮想移動体通信事業者(MVNO)といいます。

MVNOが2014年ごろからにわかに認知され始めて約5年が経過しました。

 

それまでは誰も興味を示さなかった格安スマホですが、さきがけとなったY!モバイルが火付け役となり、格安スマホが世に認知されるようになってきたのです。

 

それでも5年たった今でも携帯電話市場におけるシェアはたったの12.3%というのは驚きなのでした。

 

・機種変更なし
・通信速度変更なし
携帯料金は半額以下

 

 3拍子揃ったお得サービスに乗り替えない手はありません。

 

夫婦2人で500万円。

家族4人で1000万円。

 

早く乗り替えればそれだけ得する格安スマホに乗り替えるべく、格安スマホの取り巻く環境についてまとめていきたいと思います。

 

 

格安スマホに乗り替えるまでの問題点

f:id:finana:20190806055039j:plain

まず格安スマホについて、私の環境をお伝えします。

私や妻は2年前までauユーザーでした。

妻は1万円、私は7千円(キャンペーン価格)を毎月携帯料金として支払っていました。2人合わせて17,000円です。

 

年間で約20万円が携帯料金に消えていたのです。

 

私たちはこの大きな出費に頭を悩ませていたのです。

毎月の給料から17,000円が消え、その他の生活費や家賃を含めると貯金もままならない程でした。

 

どうにかならないのかと調べた結果、出した答えが

”マイネオ”に乗り替える!

だったのです。

 

格安スマホの問題点とは?

 

マイネオ乗り替えると決めたわけですが、そのためには格安スマホに関しての問題点をクリアする必要がありました。それは以下の通りとなります。

 

・乗換え後もiPhoneを使いたい
・使っていた機種をそのまま使いたい
・契約や機種の設定は大丈夫?
・料金はどれくらい安くなるの?
・マイネオの通信速度は?
・2年縛りがあるけどどうしよう
・代理店がないと困る
・その他の格安スマホキャリアについて
・大手キャリアも安くなってきた

 

これらの問題点を整理するため代理店の代理である【パソコン工房】に問い合わせをしたのです。

 

そしてすべての問題点がクリアになったのでマイネオに乗り替えることを決意しました。

 

以下、問題点に対しての対応策を述べていきます。

 

マイネオに安心して乗り替えるための手順

f:id:finana:20190806064921p:plain

はじめに断っておきますが、私は格安スマホすべてをお勧めしているわけではありません。MVNO業者は参入が簡単なため、800社を超える企業が参入しています。

 

多くが経費削減のため代理店を持たず、インターネットを介してのやり取りに終始します。

このような企業ははじめから対象外としたうえで検討した結果、マイネオが最善だったのです。

 

乗換え後もiPhoneがそのまま使える

 

携帯というのは一昔前はSIMロックが当たり前でした。

SIMロックというのは1つのキャリアでしか機種を使えなくする設定のことです。

そのためキャリアを乗り替える場合は携帯が”きれいなままでも”買い直さなければなればならないジレンマがあったのです。

 

それは非常にもったいない話です。

携帯料金の内訳を見たときに携帯料金の1/3を占めるのが機種料金です。キャンペーンなどで安くなるように見せかけますが、その分通信料が高く設定されるので同じことです。

 

マイネオは大手キャリアの携帯から”そのまま”乗り替えることが出来るのです。

それは他の格安スマホ業者にはない強みでした。

(参照:今お使いのiPhoneそのままで、通信料が安くなる mineo(マイネオ)に乗り換えよう!

 

⇓機種をそのままに乗換えるための詳細記事はこちら

www.worker-ant0818.work

 

契約や設定について

 

代理店がないことは非常に不安な要素でしょう。しかし、パソコン工房ではその業務を行ってくれる専属スタッフが付いています。

契約に関しても元のキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)からMVPを取ってくれば、あとはスタッフの案内に沿ってその場で契約事務を進めてくれます。

 

結果、大手代理店の窓口と特に変わることのないサービスで契約事務を進めることが出来ました。

 

一連の契約事務が済めば一旦は申し込み作業が終了します。

後日、自宅に差し替え用のマイネオSIMが届きますので説明書に沿って交換作業をします。

 

⇓自分で契約・設定する場合の案内はこちら

www.worker-ant0818.work

 

もし、説明書だけでは交換できない場合はパソコン工房でも初期設定作業を1000円で行ってくれます。(参照:mineo 店頭申込サポートはお任せください|パソコン工房店舗情報

 

支払いはどれくらい安くなるの?

 

マイネオに乗り替えて以降、私たち夫婦が支払っている金額は合計3000円です。

つまり1人当たり1500円で支払いが済んでいます。

 

事実ですが、1500円にするための注意点が何点かあります。

ネタバレすると、オプションには何も入らないことなのですがストレスのかからないように配慮した設定を心掛けています。

 

⇓月々1500円に抑えるための方法 

www.worker-ant0818.work

 

通信速度は大丈夫?

 

 格安スマホという得体のしれない業者は本当に大丈夫なのか?

という漠然とした不安があると思います。

その不安要素の一つが【通信速度】です。

 

MVNOというのは大手キャリアの通信回線を一部借りることによって、通信を行うことが出来るのです。

 

つまり大手キャリアに比べて通信負荷に耐えれる容量が低いことがあげられます。

これは格安スマホ業者全社が該当するのですが、マイネオも同様です。

・12時台
・18~19時台

が速度が遅くなると言われています。

 

私の体感としても12時台は遅いと感じます。

この時間帯にあってはWiFiを利用した方が無難でしょう。

 

ただし18~19時台はそれぼど遅いと感じません。(通信する場所にもよります)

ただし他の格安スマホ業者と比べると比較的速度は”マシ”なようです。

 

格安スマホ業者の宿命なので仕方ありません。

 

2年縛りがあるから機種変出来ない

 

厳密にいうと違約金を払えばいつでも解約できます。

そのお金がもったいないわけなのですが、毎月7000円ほどの差額が生まれる携帯料金を長らく放置する方がトータルでは大きな損となります。

 

つまりは一刻も早く乗り替えるべきとなるのですが、以下のリンクに乗り替えた方がお得な記事を載せておきますのでご覧ください。

 

⇓契約解除料金と機種割引について

www.worker-ant0818.work

 ⇓違約金を払ってでも乗り替えるべきタイミングとは?

www.worker-ant0818.work

 

代理店がないと困る 

 

ちゃんとした代理店が全国区である格安スマホ業者は以下の通りです。

・マイネオ
・Y!モバイル
・楽天モバイル

その他にはイオンモバイルやヤマダニューモバイルなどが家電量販店で販売されていることもあります。

いずれにせよ代理店がある格安スマホ業者はかなり絞られるのが現状です。

 

格安スマホが普及しない一番の原因はコレでしょう。

 

携帯の設定方法にうとい利用者の代理店に依頼したいのに、代理店が近くにないことが普及を妨げるのです。

 

しかしながら格安が売り物のため、代理店出店を極力控えている格安スマホ業者としては難しい問題です。

 

よって上の3社しか候補はないといえます。

代理店数では群を抜いているのがY!モバイルです。ソフトバンクと同じ代理店を利用しており急速に代理店が拡大しました。

 

他社の格安スマホキャリアはどうなの?

 

合計800社を超える格安スマホですから比較すればキリがないのですが、トップ10社の料金表を比較してみようと思います。

www.worker-ant0818.work

 

結論から言うと、マイネオが一番サービスに優れています。

以下の記事に概要をまとめています。

www.worker-ant0818.work

 

大手キャリアも安くなってきた

 

ここ最近はドコモ・au・ソフトバンクの大手3社がこぞって携帯の最低料金を値下げしてきております。

 

格安スマホに対抗してのことでしょう。また、政府からの値下げ圧力より下げざるを得なかったのかもしれません。

 

最低料金は1980円~とほぼ格安スマホと変わりない料金のように思えます。

しかし実態は以前の料金体系となんら変わりません。

 

むしろ料金体系を機種と通信料とを切り離したことによって割高になる可能性が出てきました。

詳細を以下の記事で説明します。

www.worker-ant0818.work

 

結局は格安スマホの方が安く、なかでも【マイネオ】が最強にお勧めなのです。

 

一刻も早く格安スマホへ乗換えよう

 

格安スマホがいまだに12.3%しか普及していないことは問題だと感じています。

 

低賃金や年金問題で騒がれている世の中ですが、簡単に手元のお金を守る方法が格安スマホなのです。

 

通信料はながらく高い水準が維持されてきましたが、見直すべき時期がやってきたのです。

 

乗り替えるだけで何も変わることのない格安スマホへ乗り替えればウン百万の節約になることを忘れて行けません。

 

イデコなどの投資を行う前にするべきは【節約】です。そしてしっかり計画をたてた【貯金】なのです。

 

この二つを行うことが出来るのならこれから先の将来もそこまで悲観する必要はないと考えています。

 

⇓家計の支出を徹底見直し!

www.worker-ant0818.work