はたらきアリ新聞~会社員×副業で生き抜く時代~

社会を生き抜くための方法を常に見いだし、小さな節約を積み上げる「手取りアップ作戦」を実行中。社会に翻弄されない力を身に付けることがこの新聞の目的です。

はたらきアリ新聞

【2019年】勤労感謝の日は熟睡プラネタリウムへ行こう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:finana:20190822060859j:plain

 毎年11月23日は『勤労感謝の日』であり、仕事に家事育児と働いているお父さんやお母さんを労わる祝日として制定されています。

 

勤労感謝に日にあわせて珍しくも面白い取り組みがあるのでご紹介します。

 

その名も【熟睡プラ寝たリウム】

 

なんとなく、予想がついてしまうネーミングです。

普段ならプラネタリウムは天文を学ぶ場所ですが、次第にウトウトしてしまうのもプラネタリウム。

どうせなら思い切って寝てしまおう!

という企画のもと2011年から明石市立天文科学館が発祥となり、今では全国のプラネタリウムで開催されています。

 

プラネタリウムという最高の睡眠空間にて一年の疲れを癒すのはいかがですか?

 

 

熟睡プラ寝たリウムのプログラム

 

ネーミングからして気持ちよく寝れそうなこの企画。
発祥の明石市立天文科学館をはじめとする全国のプネタリウムでの取り組みをお伝えします。

 

このイベントの元祖である明石市立天文科学館(初回は明石のみで実施された)では、毎年23日の【勤労感謝の日】では全投影6回をすべて「熟睡プラ寝たリウム」とする。

解説員が全力で来場者を快眠へと誘い、眠った方には「熟睡証明書」が、最後まで眠らなかった方にも「完徹証明書」が配布されることになっています。

 

職員たちの手で、全力で快眠へと吸い込まれるようです。

どれだけ快眠なのか、感想はこちらです。

 

 

 

 

 

 

次に詳しいプログラムを解説します。

以下のプログラムは全国の【熟睡プラ寝たリウム】で取り組みを挙げています。

 

枕、毛布の持ち込みOK

 

11月23日は、まさかのMy毛布My枕の持参が許されます。

快適な睡眠には、やはり毎日使っているおなじみの毛布と枕が必須ですね。

パジャマまで持ってくる方はかなり本気です。

持ち込みに関しては事前に施設に問い合わせをしておき、当日は職員の案内に従えばOK。

 

枕を置いて背もたれを倒せば快眠の世界にいざないます。

 

 

アロマの香りと満点の星空

 

快眠には必須の【アロマ】の持ち込みOKな一日です。(事前に施設に確認をお願いします。)

プラネタリウムの大空間で、満天の星空を見ながらアロマの良い香りが。

 

副交感神経しか刺激しなさそうなこのシチュエーション。

5分起きておくことは不可能?

 

ポインターを使わずに星空解説

 

普段のプラネタリウムは満点の星空にポインターを使って星座を解説するのが通常です。

プラ寝たリウムでは、少しでも深い眠りにつくように細かな配慮にも気を使っています。

 

小さな赤いポインターなど不要。

安眠を誘う解説者の声が”子守歌”となって星空を案内します。

 

BGMだけの星空観賞

 

解説者の声もいらないという場合、満点の星空と安眠を誘うBGMだけで1時間を過ごすのも【アリ】ではないでしょうか。

 

満天の星空に自分の世界に浸れる音楽があれば、それだけで快眠間違いなし。

 

BGM抜きの星空解説

 

BGMのみとは逆パターン。解説にBGMにポインターなど、普段ではゴチャゴチャするプラネタリウムも機械的なものはすべて排除。

 

解説者の”生声”だけの案内します。

落ちるなこりゃ。

 

全国のプラ寝たリウム開催場所

2011年から始まったプラ寝たリウムは初年度は明石市立天文科学館だけでしたが、好評だったことを受け、次年度からは徐々に【プラ寝たリウム】を開催する施設が増えていきました。

2018年にあっては以下のとおりの40施設が【プラ寝たリウム】を開催しています。

f:id:finana:20190822071848j:plain


大好評のこの企画は右肩上がりで来館者数を伸ばしています。
今年度も安眠を求めて”プラネタリウムに寝にくる"来館者が増える見込みです。

 

プラ寝たリウムの申し込み方法

f:id:finana:20190822072500j:plain


年々、人気が高まっている【プラ寝たリウム】

来館する場合は、お近くの施設に必ず電話で確認をしましょう。

人気のイベントということで【予約制】でのみ受付を行っている施設もあります。

その場合は、チケットも事前に完売していることもありますので十分にご注意ください。

 

【お問い合わせ】 

 日本プラ寝たリウム学会

 明石市立天文科学館
 TEL:078-919-5000
 e-mail:jyukusui-tenmon@city.akashi.lg.jp