【コンテンツマーケティング】SEO対策記事を外注するならサグーワークス【チェック機能万全】

f:id:finana:20191106063724j:plain

スマホが普及している現代は、「コンテンツマーケティングの時代」とも言えます。

コンテンツマーケティングとは、読者の悩み、興味、希望などの欲求に対して価値あるコンテンツ(ブログやホームページなど)を提供し、読者に有益な回答を与えつつ自社の見込み顧客を育成・獲得する手法をいいます。

コンテンツマーケティングを行うためには、読者の欲求に対する回答(記事)が必要となり、欲求を網羅的に解決するには一定のボリュームが必要なためコンテンツを作り上げるには時間と労力をかける必要があります。

そして有益なコンテンツを継続して記事を提供していくためには「仕組みづくり」が何より重要になってくるのです。

しかし、自社に提供するための仕組みづくりは一朝一夕で作り上げれるものではありません。

生産体制が整っていない事による機会損失は自社の利益に大きな損失をもたらします。

(機会損失の回避方法)

1:自社で生産体制を構築する。
2:外注して安定的にコンテンツを確保する。

1は時間と労力、お金をかければ「いつか」解決します。
しかし、ビジネスのスピードは日進月歩で進んでいます。リアルタイムで動き続けるネットの時代には2の「外注」が効果を発揮します。

しかし、外注で気になるのが記事の【質】です。

記事の質を担保し、オリジナル性のある内容でSEO対策が行き届いた記事を安定的に供給する方法は【サグーワークス】 がおすすめです。

コンテンツマーケティング担当者の悩みを解決する、日本最大級の記事作成代行サービス【サグーワークス】についてまとめます。

スポンサーリンク

コンテンツマーケティング担当者の共通する悩みと課題

コンテンツマーケティングのweb担当者は実際にどんな悩みや課題を抱えているのでしょうか。

(共通の悩み)

1.良いライターを集めるのが難しく、品質もバラバラ
2.複数のライターへの発注業務や納期管理に相当な工数がかかる
3.ライターに企画の意図が伝わらず、修正依頼対応に追われ続ける
4.記事のチェックやアップという単純作業が多すぎる
5.SEOを意識した記事企画が難しく、ネタも尽きる

コンテンツマーケティングにおいて、安定して記事を作成し続けることは最重要事項です。理由はビジネスチャンスが常に流動的だからです。

ビジネスチャンスを逃す=利益損失

利益を失わないためには以下の方法があります。

 

  1. ライターと直接やり取りするプラットフォーム型クラウドソーシングを利用すること
  2. 面倒な記事発注における業務をすべて請け負う受託型クラウドソーシングを利用すること

 

1のプラットフォーム型には問題点が存在します。

(プラットフォーム型の問題点)

1.ライター選定・記事チェック・納品管理・報酬支払が発生し、その業務は自社が負担する
2.ライターが音信不通になることもあり、別のライターを探す手間もある
3.集客を目的としたキーワード選定や記事企画などもある
4.web担当者が1人または少人数の場合、他の業務との兼ね合いで記事作成のみに時間を割くことは難しい

このようにプラットフォーム型では、コンテンツ制作から完全にリソースを割くのは難しいのが現実です。

一方、発注企業とライターの間にディレクターが立ち、面倒な記事発注における業務をすべて請け負う『受託型』はプラットフォーム型の問題点を解決することが出来ます。

受託型クラウドソーシングで特におすすめする企業が【サグーワークス】なのです。

SEO対策に強いサグーワークスとは?

f:id:finana:20191106065858j:plain

(参照:『サグーワークス』が全ライターの能力・属性・実績をシステム化 | WILLGATE BLOG

サグーワークスの特徴は以下の通りです。

1.サグーワークスは日本最大級の記事作成サービスを誇る
2.SEOコンサルティングを提供する株式会社ウィルゲートが運営
3.ライター数は17万人を超え、現在1500社以上の利用実績がある

サグーワークスに記事作成を依頼するメリット

SEOコンサル×コンテンツディレクターによる受託型

プラットフォーム型だと発注業務に多くの時間と労力が必要でした。

サグーワークスは受託型の体制をとっており、以下の業務をすべて発注者に代わって代行します。

  1. ライター選定
  2. 記事チェック
  3. 納品管理
  4. 報酬支払

また、記事の方向性をライターに伝えるのは難しく、意図した通りの記事が上がってこないことも少なくありません。

サグーワークスの強みとして熟練のコンテンツディレクターが企業の要望をヒアリングし、適切にライターへ伝えることで記事の品質を担保します。

記事特化型ならでは!豊富なライターが多数在籍

記事は書いたけれど、検索順位が上がらず記事が読まれないのでは?

このような問題を危惧することは不要です。

SEO実績のあるウィルゲート社が検索エンジンに効果的な記事企画をサポートします。

記事作成に特化しているからこそ豊富なライターが所属していることもサグーワークスの強みです。

ライターは文章能力に応じてグレード制を導入しています。

会員登録後⇒「レギュラー」
一定の承認率を超える⇒「ゴールド」
独自の文章テストに合格する⇒「プラチナ」

3つのグレードを設けて、ライターの質を担保しているのです。

サグーワークスでは企業のニーズや記事難易度に応じて適切にライターを選定します。

また、130職種・20万人以上の専門家ネットワーク「専門家プロファイル」と提携しており、SEO対策で必須とされるE・A・T(専門性・権威性・信頼性)を担保します。

(専門家プロファイルの例)

医師や弁護士、ファイナンシャルプランナー、建築家、経営コンサルタントの資格を有するライターが在籍しており、専門家による質の高い記事の監修や執筆が可能です。

すべての記事を目視&システムチェック

サグーワークスでは独自に開発した「web重複チェックシステム」によりコピーコンテンツをチェックする機能があります。

コピーコンテンツとはネット上に無数とあるコンテンツの中から内容が重複する記事を指します。

コピーコンテンツの問題は検索しても「検索の対象外の記事」として読者の目に留まることはないということです。

それでは依頼主の時間と労力とお金のすべてが水の泡となってしまいます。

サグーワークスではweb重複チェックシステムを使い、オリジナルコンテンツであることを確認することに加え、目視でレギュレーションとの照合・誤字脱字・同一ライターによる類似投稿のチェックを行い納品しているのです。

このようにサグーワークスは外注記事のE・A・T(専門性・権威性・信頼性)に特に力を入れている企業です。

コンテンツマーケティングにおいて重要なこと

コンテンツマーケティングにおいて重要なことは、E・A・T(専門性・権威性・信頼性)を担保した記事を安定して供給し続けることです。

インターネットを利用して、企業が利益を生みだすための販売戦略は大きく「webマーケティング」と「セールスライティング」に分けられます。

どちらも重要な販売戦略の要素なのですが、内容はまったく違います。

企業に所属するwebマーケティング担当者は自社製品のマーケティング業務に工数を割き、常に最新の情報を発信することに注力するべきです。

そのためには記事作成業務にはなるべく工数をかけないよう工夫することが重要です。

ライティング業務は代わって担当してくれる、信頼できるパートナーを見つけなければなりませんが、その役目を担ってくれるのが「サグーワークス」なのです。

効果が出るコンテンツの企画から支援し、記事の作成業務も巻き取ってくれる【サグーワークス】 はコンテンツマーケティングの分野で最も適切な選択肢になります。

 

スポンサーリンク
>はたらきアリのプロフィール

はたらきアリのプロフィール

はたらきアリは会社員が本業で稼ぎつつ、副業を取り組むことによって精神的なゆとりを持ち、家族を十分に養っていくための経済力を得ることが必要不可欠と考えています。 このブログでは 『会社員の本業や副業の悩みや手取りをいかに増やすかについて発信する』ということを理念としています。 はたらきアリは、毎日頑張って勤めている会社員のあなたの手助けをするべく、このブログで会社員と副業の取り組みを書き溜めていきます。

CTR IMG